作れちゃう

12/13,14 実技講座「自然素材で風景画」

実技室プログラムのご案内です。

美術館の周りの木々も葉が随分落ちて、地面に枝の影がくっきりと映っています。
そんな風景の中、12月13日(土)、14日(日)の2日間、実技講座「自然素材で風景画」を行いました。

講師には東北芸術工科大学美術科教授で、日本内外で活躍されている末永敏明氏をお招きし、現在開催中の企画展「風景解剖学」展に関連して、風景画を描きました。

IMGP0774

が、ただ描くだけじゃありません!
今回は描きたい風景の場所にある「石」や「枯葉などの植物」を持ち寄ってもらい、なんと絵具を作るところから体験していただきました。

IMGP0781

原始時代のように?石を砕き、細かさの異なるふるいでふるい分けます。
昔の画家は絵を描く時間よりも絵具作りの時間のほうが長かったのではないかなど、興味深いお話を聞きながら、様々な色の絵具が作られていきました。
散歩で拾った石、庭の石、玄関の石などが微妙に色味の異なる色の粒に変化していく過程は面白く、ふるい分けた粒の大きさで色の濃さが変わるのも体験できました。

IMGP0791_2

ちなみに、黒い石の場合、粒が大きいほうが黒っぽく、細かくなるにつれてだんだんと白っぽい灰色になっていきます!

IMGP0782

既成の顔料とメディウム(膠/にかわ)を使って彩墨(さいぼく)やパステルを作ったり、紅葉した葉っぱを包丁でみじん切りにしたり、絵を描く材料作りで1日目は終了。2日目は作った材料を様々に組み合わせて、風景画を描きました。

IMGP0817

それぞれの土地の自然にある素材で、それぞれの素晴らしい風景が描かれました。
皆さんありがとうございました!

 

IMGP0831

———————————————-

次回の実技講座は、切り絵アーティスト 福井利佐さんをお招きします。
タイトルは「能面meets自画像」。
どんな講座になるか、スタッフも楽しみにしております!
詳細は特設ページでご確認くださいね。

 

 

 

 

作れちゃう

11/30 ねんど開放日

実技室プログラムのご案内です。
本日は約2か月ぶりにねんど開放日が開催されました。
みなさん待ちきれなかったのか、寒い早朝にもかかわらず開館前からたくさんのお客様がお見えになっていました。

さて、今日のねんど開放日ではどんな作品があったかといいますと、まもなく明日に12月をひかえているからでしょうか、ちょっと気が早い感じもしなくはないのですが…みんなの大好きなクリスマスのモチーフがあちこちで見られました。

素敵なクリスマスツリーと帽子をかぶっているのはサンタクロース…かな?
IMGP0726

切り株みたいなケーキ。「メリクリ」って書いてあります。後ろにもごちそうが…美味しそうだね。
IMGP0725
いちばんの楽しみはやっぱり、くつ下の中のプレゼント!!IMGP0728

みんなの夢が、ねんどで次々とかたちになりました。
今日作ったもののどれかひとつでも、ほんとうに叶うと良いですね。

 

【受付状況】

10:00の受付の時点で約130名の方が並ばれました。
先着80名までの方は、10:00受付の回に活動していただきました。
残りの方には11:00受付の回の整理券をお配りしました。
11:00受付の回と13:45受付の回は、どちらも定員内で活動していただけました。

次回の粘土開放日は12/21(日)です。
受付方法や持ち物などは、粘土開放日のページをご覧ください。

 

美術館の独り言

『風景解剖学ー古今東西、風景画のしくみ』展が始まりました!

このほど静岡県立美術館では、今年度5本目の企画展『風景解剖学ー古今東西、風景画のしくみ』展のオープニングセレモニー及び内覧会が行われました。

F95C1672修正

開会式では、はじめに当館の芳賀館長からご挨拶がありました。

 

F95C1681修正

芳賀館長からの挨拶に引き続き、本展覧会の担当である浦澤学芸員から展覧会の見どころについて説明がありました。浦澤学芸員は昨年度に静岡県立美術館に採用され、今回が自身が担当する初めての企画展となります。

 

F95C1697修正

浦澤学芸員からの説明終了後、オープニングテープカットが行われました。

 

F95C1700修正

オープニングセレモニー終了後は、芳賀館長と浦澤学芸員の先導により内覧会が行われました。本展覧会は、当館の収蔵作品を中心に風景画を「人」「地面」「山」「建物」「道」「水」「空」等のパーツごとにテーマを設けて会場を構成し、風景表現のしくみの奥深さをご紹介する内容となっています。

 

F95C1710修正

第1展示室を入ってすぐには「プロローグ」と題して日本画と西洋画を並列して展示しています。
写真は、浦澤学芸員がそれぞれの風景画の表現方法の違いを紹介しているところです。

 

F95C1725修正

第2展示室では、これまで風景画の中で主役として描かれることの多い「山」について、大型の作品を中心に展示しています。

 

F95C1732修正

第3展示室では、風景画を構成していく中で重要なモチーフである「建築」をテーマとした作品が
展示されています。なお、第3展示室~第5展示室にかけては展示室の中央にも移動壁を使って
迷路のような構成になっています。

 

F95C1745修正

第5展示室~第6展示室のテーマは「水」。水は人や生き物の生命維持に欠かせないものであり、
これまで人間の重要な思索のテーマにもなってきた水をモチーフとした作品を多数ご紹介しています。

 

F95C1746修正

第7展示室には「空」をテーマに、雲や水平線、光と闇のコントラストなどの切り口で作品を展示
しています。なお、第7展示室は収蔵品展のみで入館されるお客様にもご観覧いただけます。

 

『風景解剖学ー古今東西、風景画のしくみ』展は、来年1月4日(日)まで開催しています。
是非、ご家族揃って静岡県立美術館にお越しください。

美術館の独り言

美少女フィギュア♪

現在、県立美術館で開催中の『美少女の美術史』展で作品として出品され、オリジナルグッズとしても販売されている美少女フィギュアを製作しました。

IMG_0902

これは、企画展のために製作されたオリジナルアニメーションの主人公をモデル化したもので、材質はレジンキャスト製、路面を模した展示台付きです。

IMG_0906

モデルの全長は約5㎝。縮尺が1/35なので、身長は5㎝×35=175㎝となり、アニメの設定上、

大柄な女性であることが判りますね。

 

IMG_0911

塗装するカラーは展覧会図録に掲載されているアニメーションの設定画を参考にしました。

IMG_0924

それでは製作開始です。はじめにフィギュアと展示台を成形してから離型剤を落とし、塗料の食いつきをよくするためにサーフェイサーを吹き付けます。

IMG_0925

フィギュアの塗装では、一般的に顔や手などの肌部分から塗装するため、数種類の塗料を混色して
好みの肌色を作ります。

 

IMG_0931

作った肌色の塗料を顔と両手部分にエアブラシで吹き付けます。

 

IMG_0941

吹き付けた塗料が乾いたら、さらに、目、口、眉毛、頬、手の指先の陰影部分等を筆で描き込んで
いきます。

 

IMG_0957

次に髪の毛、メガネの縁、スカーフ、ベルト、ハイソックス等をそれぞれ筆で塗り分けます。

 

IMG_1069

続いてセーラー服の黒色を塗装した後、襟と両袖の白線を塗ります。塗料が乾いたら薄めた
つや消し塗料で全体のつやを整え、最後に革靴を塗装してフィギュアの完成です。

 

IMG_1031

フィギュアの次は展示台を塗装します。写真は、サーフェイサーを吹き付けた状態です。

 

IMG_1076

展示台の表面には長方形状のモールドが施されています。今回製作するのは「昭和初期の女学生」
ということで、「レンガの歩道」をイメージしました。調色した数種類の茶色を用意して長方形
部分をランダムに塗り分けました。

 

IMG_1090

塗り分けた長方形状のモールドの間には直線が彫られており、薄めた黒色の塗料を流し込むことで
レンガとレンガの間の溝を表現しました。なんとか「レンガの歩道」に見えるでしょうか。

 

IMG_1133

最後に「フィギュア」と「レンガの歩道」を接着して「昭和初期の女学生」の完成です。

 

IMG_4276

完成したフィギュアは、現在、販売商品の完成見本として展示中です。

 

IMG_4280

販売商品(※写真左側の白い方です)は、『美少女の美術史』展の会期中(11/16(日)まで)、
県立美術館2Fのブックショップで購入できます。この機会にあなたもぜひチャレンジして
みてはいかがですか。

作れちゃう

10/26 わくわくアトリエ「シルクスクリーン大作戦!」

実技室プログラムのご案内です。

本日、わくわくアトリエ「シルクスクリーン大作戦!」が開催されました。講師にはTシャツアート・現代アート作家の北川純氏をお招きしました。
シルクスクリーンという名前はあまり聞きなれないかもしれませんが、この技法は、私たちの身近なものにも頻繁に使われています。例えばTシャツにプリントされた文字やデザイン、テキスタイルの模様、ほかにも布に限らず色々な支持体に、この技法が用いられています。

IMGP0578

今回の講座では、シルクスクリーンの技法を用いて、ブックカバーとトートバッグにオリジナルデザインをプリントしました。テーマは『美少女と美術史』展にちなんで、自分の思い描く「美少女」を下絵に描いていただきました。こども向けの講座ということもあり、どんな「美少女」が見られるのか楽しみににしておりましたところ、可愛らしい女の子のイラストや、お母さんをモデルに描いたという絵など、ほほえましい素敵な絵ばかりでした。
IMGP0580
IMGP0590
IMGP0592

小学校1年生のお子様と親子で参加された親御さんが、「この絵は今しか描けない貴重な絵だから、仕上がった作品はずっと大切にしてあげたい」とおっしゃっていたのが印象的でした。紙に直接絵を描く場合、それが唯一の一枚ですが、シルクスクリーンの技術を用いれば、オリジナルの一枚を色々なものにプリントできます。大切な思い出をオリジナルグッズにして、誰かと共有できるのは嬉しいですよね!大切に、たくさん使ってくださいね。
IMGP0595

 

次回のわくわくアトリエは12月23日です。日本画の画材を用いて、ミニ屏風に風景画を描きます。(要事前予約)
詳細は11月中旬頃をめどにお知らせしますので、ホームページや館内チラシをチェックしてくださいね。