作れちゃう

5/30・31 実技講座 「一 く w 八 L ニ 〜未知との遭遇 写真 曲げる 折る 破る くっつける かざす」

実技室プログラムのご案内です。
篠山紀信展の関連講座として、5月30・31日に実技講座 写真「一 く w 八 L ニ 〜未知との遭遇」が開催されました。
今回の講師には静岡県出身の美術家、野沢裕さんをお招きし、それぞれ1日完結で実施しました。

写真の講座と言っても、風景や人物などの写真をキレイに撮るというものではなく、
講師の野沢さんの作品制作に基づいて、コラージュの手法を使って、 写真を折る、破る、くっつける、または風景にかざす、 などの方法で、”写真の写真”を撮影していきます。

講座のタイトルは「一 く w 八 L ニ 〜未知との遭遇」。不思議なタイトルがついていますが、いったいどんな内容になるのか・どんな作品が出来上がったのか、1日の流れを追いながら見てみましょう。

 

まず最初は、野沢さんによるご自身の作品(写真・映像)や、影響を受けた作家の紹介です。
山下清に始まり、海外の現代美術の作家を何人も取り上げながら、
野沢さんの作品の雰囲気をつかんでいきました。

最初

そして、さっそく素材になる写真を撮りに出かけます。
普段撮らないような場所や角度から撮って、様々な要素のある写真を撮りました。
1日目は近くの芝生公園まで出かけて、2日目はロダン館を中心に撮影しました。

RIMG0305

お天気も良く、木陰が気持ち良い中でお話もはずみます。
今回は他県からも複数の方々が参加してくださいました!

RIMG0314

 

実技室に戻ってからは、要らない写真を写真同士を組み合わせ、イメージを膨らませます。

 

こんなにステキな写真が要らないの…?と、使うときにドキドキしてしまうものもありましたが、
容赦なく切ったり折ったり曲げたりしていきます。

RIMG0328

RIMG0332

写真だけでなく、ヒモ・テープ・ストロー・鏡など、
実技室にある様々な素材を組み合わせてどんなイメージになるのか試してみます。

RIMG0330
実際に写真に撮ってみて、どんな感じのイメージになるのかデジタルカメラの画面でチェックします。
同じものでも、撮る角度や位置を変えて何枚も撮ってみます。
静かな実技室、皆さんの集中が伝わってきました。

RIMG0326

どんな作品が出来上がるか誰も制作前には全く予想できなかったため、参加者の方々には不安に思う方もいたと思いますが、 写真を組み合わせながら偶然生まれる、思いもよらないイメージに出会う楽しさを味わっているご様子でした。

制作の途中には、現在開催中の篠山紀信展を見に行きました。
今回の展示を担当されている学芸員の泰井さんによる作品のレクチャーを受けました。

RIMG0339
たっぷりと刺激を受けたあとに、また制作再開です!

RIMG0336
段々と形になっていきました。

プログラム終盤には撮った写真をラミネートして、作品を完成させます。
最後に、皆で出来上がった作品を囲みます。

RIMG0342

出来上がった作品は、講師の野沢さんも想像できなかったものばかり。
それぞれのやり方でコラージュされた作品は、どれも違う雰囲気を持っています。
ほんの一部ですが、完成作品を載せます。

_OMD0706

DSC08326

DSC03388

DSC03396

今回参加していただいた方々の中には、今回が現代美術が初体験の方や、普段から写真撮影をしている方もいて、 写真を素材として扱うことを新鮮に感じた方が多かったようです。
プログラム冒頭のお話を聞いて、作品制作がちょっと難しく感じた方もいたと思いますが、
実際にやってみて、楽しかった!という声が多数寄せられました。
自分が撮った写真を他の人に使ってもらうことで、意外な組み合わせに楽しさを感じた方もいたようです。
私自身も、自分の「なんとなく良い感じ」という感覚を追うことで、普段とは違った視点で写真と向き合えることができました。
こうやっていつもと違った視点で日常を見てみることで、生活にちょっとした楽しさが生まれるかもしれませんね。

実技室では、まだまだ他のプログラムも開催予定です。
実技室プログラム」のページも、ぜひご覧ください。

 

 

作れちゃう

5/24 絵の具開放日

実技室プログラムのご案内です。

本日は、絵の具開放日!
家族でたっぷりの絵の具を使えるイベントです。

今年度の絵の具開放日は、外テラスが工事のため、実技室内で実施します。
外の会場では地面に直接描きますが、室内ではビニールシートの裏表をキャンバスに使用します。
このビニールシートを上手く使うと、外で実施するのとはまた違った楽しさが味わえます。

絵の具開放日、まず最初はインストラクターのお兄さんに色の混ぜ方・作り方を見せてもらいます。

RIMG0244

この色とあの色を混ぜたらどんな色になるのかな?お友だちとお話ししながら楽しく実験してみましょう。

RIMG0245

 RIMG0252

 

 

RIMG0249

大人の方々の絵も、力作ぞろいです!

 

RIMG0256

みんなで描いた絵を下から見ると、光が透けてまた違った雰囲気になります。
ビニールシートならではの楽しみ方です!

 

 

【受付状況】

本日は10:00の時点で、約120名の方が並ばれました。
先着80名様は、午前の部にご参加いただきました。
残りの方には13:15受付の回の整理券をお配りしました。

13:15受付の時点では、40名ほどの方が並ばれました。
先着40名までの方と、整理券をお持ちの40名に、午後の回に活動していただきました。

 

次回の絵の具開放日は6月7日の日曜日です。
たくさんの方のご参加をお持ちしています!

 

 

作れちゃう

5/10 ねんど開放日

実技室プログラムのご案内です。
今日はとても良いお天気だったせいか、朝の1回目から定員を満たす(80名)のお客様にご参加いただきました。GWを過ぎて、大きいお兄さん、お姉さんたちは遊びつかれたのか(親御さんが疲れたのでしょうか…)小さなお子様連れのお客様が多く見られました。2回目、3回目の実施は比較的少なめの人数でしたので、のびのび、たっぷりの粘土で遊んでいただきました。

た~くさんの粘土を使えたからなのか、おおきなロボットとか、ドクロ??いつになくユニークな作品が見られました。

RIMG0208
RIMG0197
ふだん家ではなかなかできない、大胆なねんど遊び。お父さんやお母さんとおしゃべりしながらのモノづくり。いつもとは違った時間を思う存分楽しんでくださいね。

RIMG0200

【受付状況】

本日は10:00の時点で、約87名の方が並ばれました。
10:00受付の回に80名ご参加いただき、残りの方には11:00受付の回の整理券をお配りしました。
11:00受付の回、13:45受付の回は、どちらも定員内で活動していただけました。

次回のねんど開放日は6月14日の日曜日です。
たくさんの方のご参加をお持ちしています!

作れちゃう

5/4・5 みんなで!ドット若冲

年に一度の大イベント「みんなで!ドット若冲」が、今年も開催されました。
今年はゴールデンウィーク中の開催ということもあり、30名を超える方々にご参加いただきました。

このプログラムでは、当館所蔵の伊藤若冲《樹花鳥獣図屏風》に用いられる、「マス目描き」という技法の特徴を生かして、7×7cmの四角いピースにみんなで絵を描き、最終的には約10m×5mの大きな作品に仕上げます。≪樹花鳥獣図屏風≫は、たくさんの動物や鳥、花々が描かれた、六曲一双(十二扇)からなる美しい屏風です。毎年一扇ずつ仕上げて、今年は十扇目(10年目!)の挑戦となりました。

【1日目の様子】
講師には、イラストレーターの志村将史さん(当館美術館教室・絵の具開放日を担当)を迎え、朝いちばんで、今日から2日間みんなと協力して作業できるよう、ニックネームの名札を作りました。制作を始める前に「新収蔵品展」の会場に足を運び、本物の作品を前にして、日本画担当の学芸員さんのお話を聞きました。作品について質疑応答の時間となると、若冲ファンのこどもたちから次々と手が上がり、描かれている動物の種類、鳳凰や麒麟といった空想の動物の名前まで、すらすらと答えていました。う~ん、よく知ってるなぁ。さすがです!

RIMG0085
午後からはみんなと一緒に力を合わせて制作開始!お父さんやお母さんと一緒に参加した子どもたちも、この2日間は別々のグループに分かれて作業をしました。参加者のなかには、小学校低学年の頃から毎年参加を続けて、現在はなんと高校1年生という方も!今年はグループのリーダーとして頑張ってくれました。実技室スタッフよりもベテランで、とても頼もしい存在でした。

RIMG0093
RIMG0111

【2日目の様子】
今年は参加者の人数が多かったこともあり、順調なペースで制作が進みました。とはいえ、2日目は午前中のうちに「描く」工程に目途をつなければなりません。グループのメンバーそれぞれが、自分の出来ること、得意なこと、持ち味を生かして、大人も子供も協力しあって完成を目指します。

RIMG0124

RIMG0120

午後はいよいよ、エントランスに作品を並べます。真ん中から外側へ、ピースをひとつ並べるたびに、絵が出来上がっていきます。小さなピースはすぐに動いてしまうため、早く早くとあせる気持ちを抑えつつ、慎重に進めます。この日はゴールデンウィークも終盤だったせいか、通りかかったお客様も興味津々で様子をうかがっていました。そして、最後の一枚を並べて…総枚数7316枚の色鮮やかな作品がついに完成しました!

RIMG0176
CIMG0161
CIMG0174
最後に集合写真をパチリ。みんな本当によく頑張りました!!

CIMG0179
「みんなで!ドット若冲」で制作した作品は、5月5日(木)~5月26日(火)まで、静岡県立美術館エントランスに展示中です。「篠山紀信展」「新収蔵品展」をご観覧の際には、ぜひ、エントランス階段の上から見下ろし、その迫力をお楽しみください。(※「新収蔵品展」の≪樹花鳥獣図屏風≫特別公開期間は4月28日(火)~5月10日(日)までです。ご注意ください。)

 

——————————————————————————————————————————–

次回の実技室プログラムは、5月30(土)・31(日)に開催予定です。

「篠山紀信展」関連ワークショップ

 一 く w 八 L ニ
未知との遭遇
写真 曲げる 折る 破る くっつける かざす

ただいま参加者募集中です。詳細はこちらをご覧ください。

 

作れちゃう

4/19 ねんど開放日

実技室プログラムのご案内です。

本日は、今年度最初のねんど開放日でした。
みんなで協力して作った作品や、見応え満点な力作がたくさん見られました!

RIMG0063

RIMG0071

 

【受付状況】

本日は10:00の回、 11:00受付の回、13:45受付の回、
すべて定員内で活動していただけました。

次回のねんど開放日は5月10日の日曜日です。
たくさんの方のご参加をお持ちしています!