美術館の独り言

9/12-13創作週間SP「模写」 

実技室プログラムのご案内です。

12日(土)と13日(日)、2日間にわたって、創作週間スペシャル「模写」が開催されました。
講師は創作週間にも来ていただいている、日本画家の日下文(くさかあや)先生です。

今回の模写の講座では「富士山―信仰と芸術―」展出品の、伝雪舟筆《富士三保清見寺図》(永青文庫蔵)などを展示室で鑑賞した後、曽我蕭白筆《富士三保清見寺図》の模写を、「上げ写し」という技法で体験していただきました。

blog4

この伝雪舟筆《富士三保清見寺図》は、富士山の名画として、多くの絵師に模写されてきました。

模写と言っても、トレーシングペーパーで写すというようなものではなく、薄美濃紙(描く紙)を棒に巻きつけて転がしながら、下に敷いたお手本を確認して描いていくというものです。

blog2 転がして紙を巻きつけて下の絵を確認

blog3巻き戻して描写

この「上げ写し」、元の作品の筆遣いを追うことでその精神性や本質を理解することができるため、
古来より日本画の基礎として用いられてきました。
開催中の「富士山」展では、他の模写作品も数点出品されています。

今回の講座では、「富士山」展を担当された上席学芸員の石上さん(中央)の解説と共に観覧するところから始まりました。

RIMG0681

富士山を描く際の富士山・三保・清見寺という組み合わせの定型を作った、伝雪舟の作品から
定型を継承している他の作品を中心にして鑑賞していきました。

実技室に戻って、さっそく模写に移ります。

RIMG0690

薄美濃紙が透けているので、そのまま写せそうに見えますが、
実際にやってみるとなかなか筆致が合いません…
 松の葉をどの向きから描いたのかなど、推測しながら作者の筆遣いを追います。
模写しようと思わなければ気づかないような細部が見えてきます。

長時間にわたる制作でしたが、休憩をはさみながら皆さん集中して取り組まれていました。

RIMG0689
静寂な実技室内、墨の良い香りが充満しています。

画面が完成したら、水で和紙を湿らせて、裂いて切り離します。(喰い裂き)
簡単にキレイに裂ける和紙の性質に驚かされました!blog3

そして最後に、裏打ち( 薄い紙や絹を裏から別の紙で補強すること)をします。

紙と紙を接着する際に使う麩糊(ふのり)は、粉から作りました。
この麩糊は、伝統的で文化財の修復に欠かせない接着剤です。

小麦粉から抽出した澱粉が原料になっているからか、なんだか料理の雰囲気が漂います。

blog5

お湯で溶かしたり、裏ごししたり、練ったりなど…いくつかの作業工程を経て完成です。

RIMG0702
撹拌の仕方や湯の温度といった少しの加減で出来上がりが左右される、繊細な作業でした。

 

この麩糊を使って、いざ裏打ちの作業へ。

RIMG0677

 糊をつけた裏打ち用の紙を、湿した作品の裏に貼り付けます。

 

hutoni

 皆さん皺の無い、キレイな仕上がりでした。

 

panel

パネルに貼り付けて、完成です!
乾いたら、出っ張っている紙からペリッとはがします。

模写をすると、筆遣いの練習になりますが、当時の作家や人々の暮らし、景色に思いを馳せながらじっくりと鑑賞できました。
これまでの模写をしてきた作家を含む、昔の人々の視点を共有できたように思えます。

静岡県立美術館では、美術館で作品を見るだけでなく、描いてみたい、作ってみたい!という方に
創作活動の場所として「創作週間」中に、実技室を開放して、様々な道具をお使いいただいています。
日本画、木版画、銅版画、リトグラフにはインストラクター在室日を設けており、専門的なアドバイスを受けることができます。
ご興味のある方はぜひ一度見学にお越しください。

日程等、詳しくはこちらをご覧ください。

 

-------------------------------------

次回の日本画関連の講座は、実技講座「金箔貼り」です。
来月10月の3日(土)4日(日)、2日間の講座になります。
初心者の方も、安心してお越しください!
お申込み方法・詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

作れちゃう

9/6 絵の具開放日

実技室プログラムのご案内です。
本日も朝早くからたくさんのお客さまにお越しいただきました。今日は8:45の時点で30名近く並んでいた様子です。楽しみにお越しくださり、本当にありがとうございます。また、早くからお越しいただいても午前の回に参加できない場合もございますが、先着40名の方までは午後の部の整理券を配布しております。午前は展覧会を見る等、時間を有効にご活用いただき、一日、ご家族で美術館をお楽しみいただければと思います。

今日の絵の具開放日のテーマは、現在開催中の「富士山―信仰と芸術―」展にちなんで、富士山を描きました。静岡県民なら老若男女誰でも描ける、「マイ富士山」。同じ静岡県内でも東部、中部、西部とお住まいの地域によって見え方が異なります。ポイントは宝永山と噴火口です。さて今日はどんな富士山が描かれていたのでしょうか。

はじめに、インストラクターの志村さんから、今日のテーマの説明がありました。最初は水色だけで線描きをしました。色々なかたちの富士山が描かれていきます…

RIMG0663
RIMG0665
つぎに、色の混色の仕方を教えてもらいました。赤と黄色、青と赤、黄色と青、赤と青と黄色、混ぜる度に新しい色が出来上がっていきます。
RIMG0668
色を使い始めると、あっという間に富士山がカラフルになりました。ドット富士山、レインボー富士山、ついにはてっぺんにみかんの乗ったTHE静岡な富士山まで!
RIMG0669
RIMG0666

こちらは今日のベストショットです。お父さん、お母さん、僕と、それぞれ個性的で素敵な富士山を描いてくれました。
RIMG0671
宝永山や噴火口を描く子どもたちが多いだろうと予想していましたが、想像以上にカラフルで大胆な富士山がたくさん描かれていました。今日、皆さんが描いた富士山は、今、それぞれの心の中に生きている富士山です。このブログをお読みになった方も、ぜひ富士山を一筆描いてから「富士山展」にご来場ください。展覧会に出品されている様々な富士山が、どんな想いで描かれ、大切にされてきたのか、一層、親近感をもって感じられると思います。

--------------------------------

【受付状況】

本日は10:00受付の時点で、約115名の方が並ばれました。
定員の80名までは、午前の回に活動していただきました。
午前の部に入れなかった35名の方には、13:15受付の回の整理券をお配りしました。
(次の回の整理券を先着40名分までお配りしています)
午後の回は定員以内で活動していただきました。

次回の絵の具開放日は、10/18(日)です。
詳しい持ち物や受付方法などは絵の具開放日のページをご覧ください。

作れちゃう

8/30 ねんど開放日

実技室プログラムのご案内です。
本日は朝から大雨でしたが、予想を超える数のお客様が「ねんど開放日」にお越し下さいました。お足下の悪いなか楽しみに来て下さり、本当にありがとうございました。

10:00の回から満員だったため、ねんどもフル回転でした。インストラクターの内海さんも、いつもは子どもが乗れるくらい大きな象さんを作ってくれますが、今日はねんどが足らず、小象さんを作っていました。
RIMG0649
参加者の方の作品を見てみましょう。今日はなぜか「ワニ」を作る親子がたくさん見られました。ワニ、ワニ、ワニ…流行っているのでしょうか??
RIMG0651
RIMG0650
RIMG0644
お父さんと一緒に大きなタワーを作っている子もいましたよ。ちょうど穴から顔を出し、ポーズもきめてくれました。
RIMG0646
女の子は、やはりお料理系が人気です。こちらは美味しそうなメロンパンです。可愛いポーズもありがとう!
RIMG0648

--------------------------------

【受付状況】

本日は10:00の受付の時点で、約120名ほどの方が並ばれました。

10:00受付の回では、先着80名までの方に活動していただきました。
残りの方のうち、先着40名の方には11:00受付の回の整理券をお配りしました。

11:00受付の回、13:45受付の回は定員内で活動していただきました。

次回のねんど開放日は9月27日(日)です。
たくさんの方のご参加をお持ちしています!

作れちゃう

8/11-14 夏休み子どもワークショップ 「うちの子もデザイナー!」

実技室プログラムのご案内です。
8/11-14にかけて「スイスデザイン展」関連企画、夏休み子どもワークショップ「うちの子もデザイナー!」が開催されました。この企画は、「スイスデザイン展」が静岡県立美術館初のデザイン展ということもあり、この貴重な機会に、子どもたちにも「デザインする」という行為に親しんでもらいたいという想いから実現しました。
CIMG4486

ワークショップは、パート1,2と2日間ずつ行われ、パート1に池ヶ谷知宏さん(goodbymarket)、パート2に岡本光市さん(共栄デザイン)を講師に迎えました。お二人とも静岡在住で、日本国内や海外でもご活躍されているデザイナーです。それではパート1、2それぞれのワークショップの様子をご紹介したいと思います。


パート1「これでいいのだ!やわらか発想ラボ」

パート1では、このタイトルの通り、デザインするうえでとても大切な「アイデアを生み出す」という行為を、子どもたちに体験してもらいました。とはいえ対象は小学生です。デザインという言葉も知らなければ、もちろんその行為が何であるのかも分かりません。この日のために池ヶ谷さんが用意して下さった、一風変わったユニークな実験をいくつか行う中で、子どもたちが自然と「デザイン」のためのアイデアやひらめき、発想を感じとれるようになるのが狙いです。
DSC_0913
①シルエットから想像する。
はじめに、自分の名前の文字を探して名札をつくるゲームを行いました。ひらがなの50音が1枚ずつカットされた文字…ん??でもこの文字なんだか変ですね。そうなんです。ひらがなの輪郭がもの凄く太っていて、いつも見ている文字とは全然違った形に加工されています。最初は見つけるのにもひと苦労でしたが、みんないつの間にかすらすら読めるようになっていました。見慣れているものを見慣れない形に置き換えてみる、これもデザインの発想のひとつですね。
CIMG4452
CIMG4454
②デザインに触れる。
午後は、「スイスデザイン展」を鑑賞しました。会場には、ネフ社のカラフルな積木があったり、ル・コルビジェのふわふわ毛皮の素敵な椅子があったりで、低学年の子どもたちにとっては、触りたい気持ちとの戦いのようでしたが、各々、自分なりの興味を持って観察している様子でした。鑑賞の後、館内のチラシ置き場に向かい、子ども目線でぴんときたチラシを1枚ピックアップしてもらいました。こちらは池ヶ谷さんが回収し、統計をとり、後日みんなの目線がどんなものだったか発表してくれました。
CIMG4458
DSC_0984
③富士山に見立てる視点をつくる。
1日目の最後は、各自お手製の富士山ルーペを持ち、昆虫採集ならぬ「富士山採集」に出かけました。富士山型に切り取ったルーペの穴から、富士山っぽい色合わせやテクスチャーを探し出し、写真に収めます。講師の池ヶ谷さんは富士山グッズのデザインで有名な方です。果たして池ヶ谷さんも納得のかっこいい富士山を見つけ出すことが出来たのでしょうか?
CIMG4463
DSC_0989
CIMG4468
2日目は、前日ピックアップしたチラシの統計報告と、富士山採集の写真発表から始まりました。なんだかデザイン会社のプレゼンみたいですね…。子どもたちの目線で選んだチラシについて、ひとりひとりにその訳を発表してもらいました。大人とは違った視点でとてもユニークでした。例えば渦巻デザインのチラシを手に持ってぐるぐる回すと、友達の目を回すことが出来る…とか。
CIMG4474
富士山採集は1時間弱の短い時間でしたが、想像以上にたくさんの富士山が発見されていました。誰かの洋服から見つけた白と水色の富士山、道路のセンターラインが境界線になった富士山、ポストの赤富士…などなど、普段は見えないはずの景色から、みんなの知っている富士山を見つけ出しました。ちょっとした発想の転換で、自分の心の中の富士山を表現することが出来るのですね。これはまさにデザインのアイデアの源です。
DSC_1013
DSC_1029

④「言葉で伝える」を考える。
つぎに、ロダン館のブリッジギャラリーの作品を鑑賞し、その形状や雰囲気からタイトルを想像し、命名するという遊びを行いました。たしかに、言葉で何かを簡潔に表すという行為は、デザインの中でも、広告のキャッチコピーやロゴに関わる、大切な要素のひとつですね。驚くようなタイトルがたくさん飛び出しました。
CIMG4477
⑤漢字の新たな視点をつくる
午後は、池ヶ谷さん自身が行っている漢字のアートワークなぞるかたちで、漢字を使ったいくつかの実験を行いました。はじめに、自分の名前の漢字で人の顔をつくるという遊びをしました。顔になりそうな自分の名前の漢字を一文字選んで、池ヶ谷さんが用意した人型カードに当てはめてみると…あら不思議、本当に顔っぽく見えてきました。
DSC_1177
そして最後に、実技室が池ヶ谷病院に早変わり、漢字の解剖&手術を行いました。つくりの中に×(バツ)という部首や部分が含まれる漢字(患者)を見つけ出し、○(マル)に変えて、読み方(意味)も自分で考え、治療してしまおうというわけです。この実験は子どもたちには難しいかと思われたのですが、全員漢和辞典を手にすごい勢いで患者を見つけ出し、治療に当たっていました。私のなかの大ヒットは、「本」の「十」(×の部分)を○に変えて、「マンガ」と読ませた作品です。子どもらしくて秀逸です!最後に池ヶ谷委員長に「完治印」をもらい無事に退院しました。
CIMG4484
DSC_1182
DSC_1185

2日間、池ヶ谷さんのワークショップを通じて、普段見慣れているものからたくさんの驚きとアイデアを発見できました。いつか子どもたちが大人になった時、この経験を思い出して、色々な視点、発想、工夫して楽しむ心を忘れずにいてほしいです。

----------------------------------------------

パート2「ひらめきハニカムプロジェクト」

パート2では、既存の作品からデザインを学び、自分で実際にモノの形をデザインしてみる体験をしてもらいました。
作り手の立場を経験することで、普段何気なく使っている身近なプロダクトに目を向けるきっかけの場になればという思いがありました。今回は、岡本さんが2006年に発表したハニカム紙を使ったプロダクトを参照して、ペン立てと、花瓶を作りました。

IMG_2623

講座の最初では岡本さんのこれまでの作品を見て、どんなものに使うのかクイズをしました。不思議な形のワイングラス、ポッケのようなものがついた傘立て、プランターと一体になった傘立て、風船のランプ…どうやって使うのか、何のために作ったのか?様々な意見が子どもたちから出ました。そしてハニカム紙で作ったランプの登場です。

IMG_2631

このハニカム紙、一体何かというと、紙が何枚も重なったものが1セットになっており、広げると蜂の巣のような形になる構造になっているものです。七夕の飾りで見たことがあるかもしれませんね。

今回はこのハニカム紙を使って作品を作るので、まずはこの素材を知るために、ハニカム紙を自分で作ってみました。

hanikamu
ガイドに従いながら、薄い紙を交互に糊で貼り付けていきます。
一見難しそうですが、広げてみると、ちゃんとハニカム構造のシートができていました。
今回は、このハニカム紙を各10枚ずつ使って、ペン立てと花瓶を作ります。

 

午前中の終盤には、「スイスデザイン展」を鑑賞して、どんな人がどのような目的でその製品を作ったのか想像しながら見ていきます。スイスと日本の意外な接点も興味津々の様子でした。(パート1と2では参加者が異なります)

お昼をはさんで、再度スイスデザイン展に足を運び、展示品をヒントに作りたい作品のスケッチをします。

CIMG4488

一つの作品から得たヒントを、角度を変えてもう一つ描いてみるなど、試行錯誤していました。
アルミボトル<SIGG>のプリントや、ポスターのフォントに着目したり、細かい形から着想を得たりして、中には50個近くスケッチしている子も見られました。

shutyuu
さらに、ロダン館へも足を延ばし、主に人体から花瓶やペン立てになりそうな部分をスケッチしました。
彫刻作品であるロダンの作品、私にとってもデザインの視点で見るのは新鮮でした!

 

次はスケッチを元にしてデザインをつめていきます。岡本さんに相談しながら、単なる形の面白さだけでなく、自立するのかどうか等、構造も含めて考えました。候補の中から、作品として作るものを選りすぐります。katagami
形が決まったらハニカム紙に形を写して、切っていきます。
1ミリのズレが、作品の運命を左右する繊細な作業のため、細かい所まで慎重に切っていきます。今回は小学1年生から参加してくれましたが、慣れないハサミを使いながらも、黙々と集中して取り組んでいる様子が印象的でした。

IMG_2656

10枚を切り終えたらハニカム紙同士を糊で接着します。
早くハニカムを開いて形を見たい気持ちを抑え、糊が乾くまで、重しを乗せて待ちます…。
そして、最後は全員で鑑賞会です。
ここでやっと自分のハニカムを開きます。

IMG_2673

ふわふわ

IMG_2678
全部並べると、圧巻です!
それぞれ立派な作品を完成させることができました。子どもたちからも「大切にする!」という声を聞くことができ、嬉しく思いました。
完成した作品は、一部を県立美術館にて展示していますので、ぜひご来館ください。(詳細はこちら

私達のまわりにあるモノの形には、理由があります。なぜこの形?なぜこの色?考えるだけでも、暮らしの中のデザインを、もっと楽しめるかもしれませんね。

 

 

 

作れちゃう

8/13,14 夏休み子どもWS②「ひらめき ハニカム プロジェクト」 参加者作品展示のお知らせ

8/13-14に行われた、夏休み子どもワークショップpart2「うちの子もデザイナー! ひらめき ハニカム プロジェクト」参加者作品の展示が始まります。
展示期間は、8/18(火)~8/23(日)までで、展示場所は、美術館2階の企画展券売フロアです。スイスデザイン展からインスピレーションを得て子どもたちが制作した作品を、この機会に是非ご覧下さいませ。

RIMG0607
RIMG0606