カテゴリー: 作れちゃう

作れちゃう

5/4-5 みんなで!ドット若冲

5/5-4にかけて、毎年恒例の大人気プログラム、「みんなで!ドット若冲」が開催されました。このプログラムは、六曲二双(全十二扇)からなる伊藤若冲≪樹花鳥獣図屏風≫を、毎年一扇ずつ描き、12年目に全てが完成するという壮大なプロジェクトの一貫で、今年でなんと!11年目を迎えます。若冲が作画の際に用いた「マス目描き」の技法を生かし、原寸大よりも大きい7cm角のピースに彩色を施します。最終的には、ピース総数約8000枚、10×5mの巨大な作品に仕上げることが目標です。
IMG_3795

今年は、開館30周年を記念して、≪樹花鳥獣図屏風≫の主役ともいえる「白象」に挑戦!主役でありながら、「白い部分ばっかりだよね…」と恐れられ、後回しにされてきたモチーフです。白の表現にどれだけ幅をもたせられるかが、参加者の皆さんの腕の見せどころです。それでは、完成に至るまでの、2日間にわたる奮闘の様子をご紹介いたします。

【1日目】
若冲人気も相まって、今年度は参加者が多く、東京から泊まりがけでご参加下さったご家族もいらっしゃいました。また、何年も継続して参加をして下さっている方もいらして、幼かった子どもたちが、すっかり大きく、逞しくなっているのを目にするたびに、嬉しい気持ちになりました。実技室ボランティア、スタッフなども入れて、総勢45名がかりでの制作となりました。インストラクターは、昨年度までのマーシー先生から選手交代をし、実技室のリーダー、石津が務めました。
setumei
はじめに、展示室へ本物の≪樹花鳥獣図屏風≫を観に行きました。当館で日本美術を担当している、石上学芸員の解説のもと、マス目描きとはどんな技法で、どのように描かれているのか、よく観察しました。
kansyo
GW中、「東西の絶景」展は連日大入りで…作品がなかなか見えない~~
kansyo2
鑑賞終えたら実技室に戻り、制作グループを割り振ります。今日と明日は、親子も別々のグループで作成します。やんちゃなそうな子も、最初はちょっと不安そう…。
gurupuwake
2日間の流れはこんな感じです。ホワイトボードの隣に佇んでいるのは、実技室のベテランボランティア、朝倉さん(87歳!)。敏腕です。
howaitobo-do2
いよいよ制作開始!スチレンボードをカットして作った7cm角のピースの裏に、番号をふるところからスタート。なにせ8000枚以上あるピースを並べて展示しますから、全てにナンバリングしないとなりません。低学年の子もはりきって参加してくれますが、数字が飛んじゃったり、逆さまだったりで、なんとも可愛らしいです。
bangohuri
つづいて、ナンバリングしたピースを並べて、画面を作ります。「白象」の一扇を26パートに分けて、各グループが1パートずつ作成していきます。
naraberu
下書きを終えたら、こどもたちの大好きな、絵の具作りの時間です。「こんな色かなぁ、違うなぁ…」と色を足し続け、およそ塗りきれないくらい大量になってしまい、途方に暮れる子もしばしば…。
enogu~
見本をよ~く見ながら、色塗り開始!こちらのグループは、白象の「目」の部分を描いているようですね。マス目が良い感じで表現されています。
ironuri
ペースが早いグループ、遅いグループ、どうしたって差はありますが、みんなそれぞれにやり方を工夫して、最善の方法を見つけていました。1日目はここまでで作業終了。

 

【2日目】
午前中のうちに色塗りの工程に目途をつけ、午後はいよいよ、エントランスにピースを並べ始めます。最初にふった番号の通り、中心から外側へと並べていきます。どんな風になるんでしょうね、どきどき…
2naraberu
大人も子どもも、ただひたすらに並べます。真剣ゆえ、逆さまから並べてしまったり、ガイドの棒を取り残してしまったり、ハプニングも起こります。
naraberu3
だんだん姿が見えてきました…!みんなの気持ちも高揚していくのが伝わってきます。
naraberu4
そして・・・ついに、完成!!!
最後は天井まで届きそうな昇降機から作品を撮影、「ハイ、若冲!」の掛け声で、皆さんと一緒に写真に収めました。
kansei!
当初は、白象の部分は白ばっかりで塗るのもつまらないじゃないか、とか、白ならそもそも塗る必要も無いじゃないか…とか、色々と心配していましたが、そんなことは全く無く、制作したグループそれぞれの、絶妙な「白」が合わさり、個性あふれる「白象」に仕上がりました。また、下10段のエリア(象の足元の辺り)は、4/29-5/3で開催された、「ちょこっとドット若冲」にご参加いただいた方々(約700人)が、1人1枚、ピースを制作をしたものを並べています。こちらは1枚ずつ、作者のサイン入りです!近寄ってご覧ください。貴方が描いた1枚も、きっと見つかります。

「みんなで!ドット若冲」の成果物は、5/5(木)~5/15(日)まで、静岡県立美術館・エントランスに展示中です。この期間は、本物の≪樹花鳥獣図屏風≫の展示期間とも重なります。伊藤若冲生誕300年、県美開館30周年、縁起ものの白象を2頭も見れてしまうという、なんだかすごいこの機会に、ぜひ、美術館へ足をお運び下さい。

作れちゃう

5/8 ねんど開放日

実技室プログラムのお知らせです。

 

今日は月に一度のねんど開放日でした。GW最終日になりましたが、子どもたちは皆元気いっぱいに参加してくれました!

ねんど開放日は、実技室のねんど庫にある約1トンのねんどをみんなで自由に使って造形あそびができる日です。大きな作品から小さな作品まで、つくるものは人それぞれ。同じ怪獣や動物でも、つくる人によって全くちがう作品になります。

1

4
大人も迫力のある大きな恐竜をつくってくれました。

2

 

こちらはスタッフがみんなに交じって制作中。
何ができるかな…?

7

家族の顔や、季節にちなんで鯉のぼりを作ってくれた方もいました。

8

RIMG1384

 

5

いざ目の前のねんどを目にすると、何を作ろうか迷ってしまうこともあります。
美術館に来る前や待ち時間にみんなで相談して何をつくろうか決めても良いですね。

ちなみに、先ほどのスタッフの作品はこんな感じに仕上がりました。

6

作ったあとはみんなで他のお友だちの作った作品を鑑賞してまわれる探検タイムです。
3

 

実技室一面に並んだみんなの力作、今日の作品も一つ一つ見応えがありました!

 

 

【受付状況】

本日は10:00の受付の時点で、約90名ほどの方が並ばれました。

90名のうち80名までは10:00受付の回、残りの方には希望する回の整理券をお渡ししました。
11:15受付の回、13:45受付の回は定員内で活動していただきました。

次回のねんど開放日は、6月5日(日)です。
受付方法等はこちらをご覧ください。
たくさんのご参加をお待ちしています!

 

 

 

 

作れちゃう

4/24 えのぐ開放日

RIMG1279
RIMG1280
実技室プログラムのご案内です。
本日は、平成28年度最初のえのぐ開放日でした。
展示テラスの改修工事も終わり、今年度より、外会場のえのぐ開放日が再開!!
時折り晴れ間が広がる心地良いお天気の中、大勢の方々にご参加いただきました。

さて、長年、えのぐ開放日を担当していただいたインストラクターのお兄さんが、
今年度から、谷正輝さん(美術家)に変わりました。
以前のスタイルを引き継ぎつつ、谷さんワールドも展開していきますので、
今後とも楽しみにご参加くださいね。

また、受付方法や持ち物に関して、昨年度からの変更点があります。
今年度より、午前の受付の段階で、午後の整理券(定員:晴天時150名、雨天時室内80名)
を、一斉配布することになりました。午前の受付に並んでいただき、
午後の回の整理券をもらうことも可能です。
持ち物に関しましては、晴天時の場合、外会場で実施しますので、
帽子、水筒、サンダルが必須です。特に履物に関しましては、
素足ですと滑りやすく、またコンクリートの熱で大変危険です。
忘れずにご持参下さいね。

【本日の受付状況】

本日は10:00受付の時点で、約150名ほどの方が並ばれました。
先着150名までの方は、午前の回に活動していただきました。
残りの方には、13:15受付の回の整理券をお配りしました。
13:15受付の回は、定員内で活動していただきました。
次回は5月15日の日曜日です。
受付方法の詳細はこちらをご覧ください。
たくさんの方のご参加をお持ちしています!

作れちゃう

4/17 ねんど開放日

実技室プログラムのご案内です。

今日は、今年度初めての「ねんど開放日」でした。
雨風の強い日になりましたが、今回もたくさんの方々に足を運んでいただき、実技室内は皆さんの熱気で半袖でも平気なほどでした。

04171

ねんど開放日では、このように家族やお友だちと会話を楽しみながらねんど遊びをしていただけます。

04174

こちらはみんなで作った町です。 建物の中まで細かく作られています。
美術館に来る前にどんなものを作ろうか相談し合ってから来ていただいたようです!
お友だちと協力して1つのものを作るのも、楽しいですね。

町や動物がだんだんと出来上がるなか、今回はバースデーケーキもいくつか登場していました。

04172

 こちらはお花が咲いている素敵なバースデーケーキ。

04173

こちらのケーキは、大きないちごが美味しそう!
こうやってイベントに関するものを作るのも、きっと良い思い出になりますよ。

 

 

 

【受付状況】

本日は10:00の受付の時点で、約90名ほどの方が並ばれました。

90名のうち80名までは10:00受付の回、残りの方には希望する回の整理券をお渡ししました。
11:00受付の回、13:45受付の回は定員内で活動していただきました。

次回のねんど開放日は、5月8日(日)です。
受付方法等はこちらをご覧ください。
たくさんのご参加をお待ちしています!

 

 

 

★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―

みんなで!ドット若冲 参加者募集のお知らせ

平成28年 5月4日(水祝)、5日(木祝)

静岡県立美術館の所蔵する、伊藤若冲樹花鳥獣図屏風じゅかちょうじゅうずびょうぶ》は、マス目描きという、方眼用紙のように1マスずつ区切る技法で描かれています。「ドット若冲」は、この《樹花鳥獣図屏風じゅかちょうじゅうずびょうぶ》を拡大して、1枚ずつのピースを作り、みんなで描いたピースを集めて約10メートル×5メートルの巨大な絵画を作るイベントです。作ったものは、最後にエントランスにて展示します。
この機会に、マス目描きの体験をして、みんなで大きな樹花鳥獣図屏風を作りませんか?小学生からご参加いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

作れちゃう

4/2・3 創作週間SP「色彩木版画」

実技室プログラムのお知らせです。

4月2日(土)3日(日)に、創作週間スペシャル「色彩木版画」が開催されました。

この「創作週間スペシャル」では、様々な基本的な技法を学んでいただき、月に5日間設けている「創作週間」での自主制作につながるようにという思いを込めて開催しています。

今回の創作週間SPは、木版画です。
木版画というと、小学生のころに経験された方が多いのではないでしょうか?

彫って、版に絵具をのせて、刷る、というシンプルな過程から、気軽にできる技法として親しまれています。
今回は2~3色彩を使い、春をテーマにして、多色刷りの作品を作りました。

講師は創作週間でも来ていただいている、木版画家の藤田泉先生です。(画面中央右)

hujita

今回は、参考資料に藤田先生の作品と版木をお持ちいただきました。
大切な版木、触るのにちょっとドキドキしてしまいますが、
指でなぞると彫り具合などを確かめられます。

hujita

今回は参加者の皆さまには下絵をご用意いただき、
これを基にして版づくりの計画をしました。

したがき

何色も使って刷るので、版木を分ける必要があります。
それぞれどの部分を彫るのか、この段階でしっかり決めておかなければ、上手く刷ることができません。パズルのように頭を使う作業ですが、先生や周りの人に確認しながら下絵を作ります。

さらに、下絵を版木に転写します。

てんしゃ

ここまでがとても長く感じますが、あとは、とにかく!彫るのみです。
安全に気をつけて、どんどん彫っていきます。木が削れていくのが気持ち良いですね。
ただ、一つの見当(複数の版を用いて刷る場合のガイド)がほんの少し歪んでいるだけでも刷りの時に絵柄がズレてしまうので、丁寧に彫らなければなりません。時間との勝負です。

ほり

 

彫りあがったら、やっと、刷りの工程です。
まずは絵の具をのせて、

過程

こするだけ…に見えますが、この絵の具置き所、絵具の伸ばし具合などで、刷りあがるものが全く違うものになります。

すりのむずかしさ

どのように色や形が出れば良いか、何回も刷り直しながら、自分のイメージと照らし合わせます。楽しい工程ですが、最も難しいかもしれません。
木の板一枚で、これほど幅広い表現ができることに驚かされました。

すりあがり2

悩みながら作業を続け…やっと完成にたどり着けました。

すりあがり

一見するととてもシンプルですが、繊細な作業の積み重ねによって1枚が作られていることがわかります。そう思うと、世に残る浮世絵等がどれだけ高い技術で制作されているか実感できます。

今回の講座で仕上がらなかった参加者の方もいましたが、続きは創作週間でしていただけます。

次回の創作週間は、4月6日(水)~10日(日)の間で静岡県立美術館の実技室で開催します。
初心者の方でも、お気軽に見学にお越しください。

 

★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―★―

みんなで!ドット若冲 参加者募集のお知らせ

平成28年 5月4日(水祝)、5日(木祝)

静岡県立美術館の所蔵する、伊藤若冲樹花鳥獣図屏風じゅかちょうじゅうずびょうぶ》は、マス目描きという、方眼用紙のように1マスずつ区切る技法で描かれています。「ドット若冲」は、この《樹花鳥獣図屏風じゅかちょうじゅうずびょうぶ》を拡大して、1枚ずつのピースを作り、みんなで描いたピースを集めて約10メートル×5メートルの巨大な絵画を作るイベントです。作ったものは、最後にエントランスにて展示します。
この機会に、マス目描きの体験をして、みんなで大きな樹花鳥獣図屏風を作りませんか?小学生からご参加いただけます。
申込み等の詳細はこちらをご覧ください。
たくさんのご参加をお待ちしています!