カテゴリー: 作れちゃう

作れちゃう

25周年記念イベント・袋井丸凧作り

 

本日4月2日は、袋井丸凧保存会のみなさまをお招きして、「丸凧」を作りました。

静岡県立美術館25周年記念イベントです!

袋井丸凧保存会の皆さまのご指導のもと、個性豊かな凧を作りました。

なかなか複雑な作業も多く、お子様より保護者の皆さまが真剣に作業されている様子も多く見受けられました。

実はこの丸凧、あの有名な「東海道五十三次」にも登場している、袋井の伝統文化なのです。まんまるに見えますが、本当の比率は100:106。楕円形です。揚げた時に丸く見えるようにと工夫されています。

午後からは県立大の芝生公園をお借りして、作った凧を実際に揚げました!

天気にも風にもとても恵まれ、お花見で賑わう公園で楽しく揚げる事が出来ました。

今、とても大変な状況にある日本が、少しでも元気になりますように…という思いを込めて実技室スタッフが作りました、「頑張れ日本凧」。

風を受けてぐんぐんと上がり、はるか上空まで元気よく揚がりました。

…が、この後、スタッフがうっかり手を離してしまい、遠くへ飛び去ってしまいました。

ですが、とても勢い良く揚がりましたので、きっと日本の先行きは明るいはずです!

最近はなかなか遊ぶ機会の少ない凧揚げですが、なかなか奥が深いものです。皆様も、機会があれば是非挑戦してみて下さい。(M.F)

作れちゃう

実技室ってこんなとこ!

県立美術館の実技室では様々なワークショップや講座を開催しています。

こども向けのものから学生や大人向けのものまで、年間を通して実施しています。

ここでひとつ、3月中旬に行われた実技講座『琳派の魅力を探りながら』をご紹介します。この講座では、日本画家 鈴木強さんを講師にお迎えして、色紙に金箔を貼って、その上に水干絵の具で絵を描いて、一人一人作品を制作しました。

ほとんどの参加者が金箔をはるのは初体験。

ドキドキする参加者をよそに、楽しいトークで笑わせようとする鈴木強先生。

結果、鼻息で金箔飛んでしまうひと続出(笑)

金箔ってとても薄くて軽いため、ちょっとした風ですぐに動いたり飛んだりしてしまいます。笑いに耐えるのも、日本画制作の修行のひとつでしょうか??(笑)

日本画家さんから直接アドバイスをいただいて、日本画の素材の特徴や、絵の具の溶き方などを学べるのはとても貴重な機会です。また、開催されていた『ギッターコレクション展』で本物の日本画を鑑賞してから制作をできる、というのは美術館ならではだと思います。鈴木強先生、本当にありがとうございました。

明日から新年度がスタートします。23年度も楽しいイベントが盛りだくさんです!

早速、4月2日には、袋井丸凧保存会の方々がいらっしゃって、凧揚げをします!

さぁ、どんな凧たちが広場に揚がるでしょうか?? N.S

作れちゃう

実技室って、ご存知でしたか?

 ブログをご覧の皆様、はじめまして。

 実技室といって、創作活動を行う部屋があるのをご存知ですか?

 2011年度は4月2日(土)の丸凧作りと凧揚げ(講師:袋井丸凧保存会)をかわきりに、幼児から一般の方向け、初心者から上級者向け、個人創作から共同制作まで、いろいろなワークショップや講座をご用意して、皆様のご参加をお待ちしております。

 イベントごとにかわるインストラクターと講師のキャラクターにも、注目!!(笑) M.S