カテゴリー: 作れちゃう

作れちゃう

夏休みこどもワークショップ!

今年もやってきました、小学生限定夏休みこどもワークショップ!!

今日・明日はシルクスクリーンでオリジナルTシャツを作りますよ―!

シルクスクリーンは「孔版」と呼ばれる版画技法の一種。

Tシャツや工業製品に刷るのに向いた技法です。

 

 

 

 

 

 

完成した版はこんな感じです。

昔は絹を使っていたのでシルクスクリーンと呼ばれていましたが、今はテトロンという布が主流です。テトロンスクリーンとは言いませんけどね。

全員無事に製版を終えて、何枚かTシャツやエコバックを刷りました。のびのびとしたデザインの、素敵なTシャツができました。

明日も沢山刷ります!Tシャツは150枚用意してあります!

 

 

そして今回の夏休みこどもワークショップは、少し特別です。

今年のテーマは「被災地支援」。微力でも、何かできたら…という美術館の思いに応えた子どもたちが集まってくれました。

今回のTシャツも、静岡からの応援のメッセージとして東北の学校などに送らせて頂きます。

 

 

 

ふじの国の子どもたちの気持ち、被災地に届くといいですね。

作れちゃう

福島県いわき市立湯本第一小学校から絵が届きました!

いかがですか?

この絵は、福島県いわき市立湯本第一小学校の子供たちが描いてくれたものです。

「希望の門を開けた先の景色」をテーマに描いていただきました。

一枚一枚、希望にあふれたあたたかい絵です。

こども達の笑顔、海を泳ぐ女の子、お花いっぱいの広場。

こころのこもった絵たちを前に、なんだか涙がでそうです。

湯本第一小学校のみなさん、本当にありがとうございました!!!

もっともっとたくさんの絵があるのですが、全てブログではご紹介しきれません。

8月16日(火)~21日(日)に美術館1階の県民ギャラリーにて開催される

「教育普及特別展示SHINING WORLD展」にて展示予定です。

是非足をお運びください♪

また、なぜ、福島から絵を送っていただいたかといいますと、

この絵たちをもとに静岡の小学生が《希望の門》をつくるからです!

福島のこども達が描いた絵を設計図に、

静岡のこどもたちがたくさんの粘土と格闘して大きな希望の門をつくります!

絵を通して、静岡のこども達が何かを感じ取り、

福島のこども達に元気を送ってあげられればいいな~!

夏休みこどもワークショップ、30日~8月5日まで開催しております。

参加のお申込みは締め切りましたが、見学は自由ですので

是非実技室に足をお運びください。

(N、S) 

作れちゃう

銅版画今日は本刷り!

本日、実技入門講座「銅版画」、7月10日に引き続き、今日2日目です!

参加者の方々が作った銅版にインクをのせて、プレス機で刷ります。

まずは紙を湿します。10分ほど水につけてそのあと余分な水分をふき取ります。

このひと手間で、インクののりがずいぶんかわってくるのです。

今回の刷りは、カラーインクをつかいます。一つの版の中に何色か色をのせ、ふき取りを混ぜすぎず、丁寧にとっていきます。版と紙をプレス機にかけると・・・・

こんなに素敵なカラー版画ができるのです!!いかがですか?

最後にみんなで並べて鑑賞会♪

マットにはめ、額に入れてみなさんお家に飾ってくださいね!

講師の柳本さん、実技室ボランティアさん、お疲れ様でした!

次回は木版画の実技入門講座が9月24日(土)、10月2日(日)と2日間の日程で開催されます。

参加者募集中ですので、ふるってご参加ください!

作れちゃう

『ART!』企画者会議開催!!

Art Room for Teen’s の略で、ART!です。ティーンエイジャーの若さと柔軟な発想力を発揮してもらい、当館に糸を張るワークショップvol.2です。

今日は、中学生13名と大学生1名、当館スタッフで企画を練りました。コンセプト、イメージ、材料、人員等々、班毎に話し合って発表。みんな次第に真剣な眼差しに!それもそのはず、目の前には材料となる石巻から送られてきた糸類が段ボールに入っているんです。

提供してくれた石巻市の「キヌヤ笑店」(笑店は間違いではありません)の社長さんは「支援なら、家族や家を失った方にしてやってほしい。私の場合は、店は震災でとじることにしたが、自宅も家族も健在だから恵まれている」と言って、津波を被った糸類を閉店の準備をしながら送ってくれたのです。

中学生は実際に糸を張る現場で、イメージを膨らめます。「どうやら、糸も人も相当必要だぞ」、「虹やきれいな色の仕上がりにして、希望とか未来を表したい」と、早くも意気込んでいました。

でも・・・、実際に作るのは8月16日(火)~21日(日)です。企画者はもちろん、申し込み不要で飛入り参加、大歓迎です!企画者のプランをもとにみんなで糸を張りましょう!!きっと、東北と静岡に見えない絆ができるはず。お待ちしてます。  M.S

作れちゃう

銅版画エッチングに挑戦!

本日、実技室では初心者の方のための実技入門講座「銅版画」が開催されました。

2日間の講座の1日目です。

先月のちょこっと銅版画に引き続き、銅版画が今とっても熱いんです!

今日はちょこっとではなく、がっつり銅版画にチャレンジしていただきました!

講師は版画家、柳本一英先生。銅版画、リトグラフは柳本先生に聞けばなんでも教えてくださいます。

やさしくてチャーミングな先生です。

本日挑戦する技法はエッチング。

エッチングとは・・・銅板に腐蝕防止液、グランドを塗り、その上にニードルで絵を描き、 塩化第二鉄につけ、製版をする方法です。塩化第二鉄に銅版をつけると、絵を描いた部分が溶けて浅い溝ができます。そこにインクを詰めて刷るのです。

今日は製版、試し刷りでおしまいでしたが、2日目の18日(月)にはカラーインクで刷りをします。

作品の出来上がりが楽しみです!!!