カテゴリー: 観れちゃう

観れちゃう

小谷元彦展、Comming soon(その5)

小谷展の展示作業も佳境に入ってきました。

映像作品の調整は、連日、深夜に及びます。この作品の向かいに、本展覧会で初披露となる新作の映像インスタレーションの作品があります。(作品の写真をはっきりお見せしないのが、このブログのズルイところです。m(_ _)m スイマセン)

映像作品の暗い部屋から、一転して白く、明るい部屋へ。白い作品を引き立たせるために特殊な照明器具を使っています。作品をどのライトでどのように照らすか、これもなかなか腕のいる仕事です。小谷氏の指示に従って、このライティング作業も行われていきます。

観れちゃう

小谷元彦展、Comming soon(その4)

先日、フォークリフトで搬入した大型作品を、エントランスホールに立てました。ここでもまたまた重機のお出ましです。重量のある彫刻等の設置には、通称「門型」(もんがた)と呼ばれるものを使います。移動できる簡易な鉄骨の骨組みにチェーンブロックを付けたもので、これで作品を吊って、起こしたり、設置場所を決めたり、台に載せたりするのです。

ところが、今回の作品は普通の美術館サイズの門型では吊りきれないため、特別仕様の門型を組み立てました。これほど大掛かりなものは、ちょっと珍しいので、特別にご紹介しましょう。

まず、作品を置く場所に、免震装置を設置します。これはもしも地震が起きたときに、作品を横に滑らせて揺れのエネルギーを吸収し、転倒を防ぐものです。

単管パイプをつないだ柱を立て、櫓を組みます。画面の奥に作品(の下部)が見えます。

高さ10mまで上がる高所作業車(これもまた超美術館サイズです)もお出ましして、櫓の上にH鋼を2本渡します。

H鋼に4つのチェーンブロックを付けて、作品を引き上げます。チェーンブロックはH鋼にそって移動させることができるので、それを利用して設置場所を調整します。

作品を安全に持ち上げるために、どの部分にベルト(ラッシングベルト)を掛けるのか、また4つのチェーンブロックをそれぞれどのタイミングとスピードで引いたり、緩めたりするのか。これはまさにプロの仕事です。日本通運の重機+美術品チームの熟練の技が光ります。

作品(下部)が立ったところで、櫓を移動します。これだけ大きな櫓が、柱の下につけられた4つの小さな台車で動くのにはびっくり。

再び高所作業車が登場。ここに作品(上部)を載せて持ち上げ、作品(下部)の上に設置しました。

この後、梱包を解いて、照明をあてると展示完了となります。その出来上がりは、ぜひご来館いただいて、ご観覧いただければと思います。

観れちゃう

小谷元彦展、Comming soon(その3)

小谷元彦展の展示作業、作家ご本人にも来ていただき、いよいよ本格化してきました。

小谷氏がレザーポインターを使って、展示場所を指示します。どの作品をどこにどう飾るかを決めるのは、空間全体の構成力が問われる作業で、作家にしかできない創造的な仕事です。

本展のポスター、チラシに掲載されている作品《Ruffle(Dress04)》を組み立てます。たくさんの部品をひとつずつ丁寧にはめ合わせていきます。精巧にできているので、しっかり組み立てるには集中力が必要です。

展示作業は、開会直前まで続きます。

観れちゃう

小谷元彦展、Comming soon(その2)

小谷元彦展の搬入と展示作業が行われています。作品の分量は、大型トラック4台、中型トラック1台にもなりました。

大きい作品の移動には、フォークリフトなどの重機を使います。下の写真は、運送会社の倉庫から10tトラックに積み込んでいるところ。

そして、美術館まで慎重に運送し、先日、この作品を正面入り口から搬入しました。今は、大切に梱包されていて、中をお見せできませんが、きっと広いエントランスのただなかに屹立し、迫力満点の展示になることでしょう。

観れちゃう

解体中!!

 解体中・・・?エントランスのようですね・・・この場所・このサイズといえば・・・静岡県立美術館ファンの方でしたらもう分かりでしょうか?

              「草間彌生(くさま やよい) 水上の蛍」

 ですね!!先週末で閉幕した「百花繚乱展」において実施していた人気投票でも、常に上位をキープしていたこの作品も解体され、収蔵庫へ移されます。

  今年度はこれでお別れなのです。扉を開けても、

 あの魔法にかかったような風景は現れません・・・。

 来年度、またお会いする日まで覚えていてくださいね!

6 / 812345678