カテゴリー: 美術館の独り言

美術館の独り言

モンゴル画家訪問団の皆さんが来館されました!

 去る4月7日(日)、モンゴルの国民的画家であるドルゴジャヴ・ボルト氏ほか13名の画家の皆さんが
県立美術館に来館されました。

  画家の皆さんは、富士山の絵を描くために来静されている中での表敬訪問で、ロダン館とその周辺を
見学されました。

  

  表敬訪問では挨拶の後、坂田副館長から訪問団代表のドルゴジャヴ・ボルト氏に記念品として
駿河蒔絵の文箱を贈呈しました。

  また、訪問団からはドルゴジャヴ・ボルト氏の描いた絵画や記念品をいただきました。

  記念品贈呈後は、小針学芸部長から「富士山百画」の冊子を使って日本の画家によって描かれた
富士山の素晴らしさを説明しました。

  表敬訪問のセレモニー後、訪問団はロダン館に移動して「地獄の門」をはじめ、館内にあるロダン館
彫刻作品を鑑賞しました。

  ロダン館では、はじめに小針学芸部長からロダン彫刻の概要等について説明を受けました。

  その後、訪問団はそれぞれロダン彫刻作品を観て回りました。

 

 最後に「地獄の門」の前で記念撮影をしました。短い時間でしたが、県立美術館でのひと時を満喫
された様子でした。機会がありましたら、是非またお越しいただきたいと思います。

美術館の独り言

「維新の洋画家 川村清雄」展が始まりました!

去る2月8日(金)、県立美術館では『維新の洋画家 川村清雄』展のオープニングセレモニーと内覧会が行われました。

開会式では、芳賀館長、静岡第一テレビの佐藤代表取締役からご挨拶があり、今回の企画展担当の村上上席学芸員から企画展の概要と見どころについてお話をいただきました。

村上上席学芸員からの見どころ解説に続いてテープカットが行われました。

オープニングセレモニー終了後は、芳賀館長の先導により内覧会が行われました。今回の企画展は、近代日本美術の先駆者・川村清雄の代表作約100点の絵画を一堂に会する最大規模の回顧展です。第1展示室には川村家の伝来資料を展示しています。

第2展示室には、主に清雄の留学時代のデッサンや油絵等を展示しています。

第3展示室以降では、帰国後~晩年までの作品を展示し、展示室全体の作品を鑑賞することで、川村清雄の生涯を辿る構成になっています。

なお、第6展示室には今展覧会で初めてフランス・オルセー美術館から里帰りする晩年の傑作≪建国≫も展示され、皆さんじっくり鑑賞されています。

「維新の洋画家 川村清雄」展は、3月27日(日)まで開催しています。是非、ご家族揃って静岡県立美術館にお越しください。

美術館の独り言

「インカ帝国展」の来館者数が8万人を達成しました!

 県立美術館では、昨年11月27日に開幕したマチュピチュ「発見」100年インカ帝国展の来館者数が、
本日、8万人を達成しました! 見事8万人目の来館者となられたのは、千葉県船橋市からお越しの
小島まち子様(写真左側)とスミス・温子様(写真右側)ご友人の方々です。

 

 これを記念し、本日、11:45から記念のセレモニーが行われ、8万人目の来館者となられたお二人に
当館の坂田副館長より花束を、そして特別協賛者の清水銀行鳥羽山取締役から本展図録と記念品が
贈呈されました。

 

 思い掛けない出来事に小島まち子様とスミス・温子様のお二人もビックリ!スミス・温子様は
静岡市清水区のご出身で普段はアメリカ在住とのことです。

 

 今回、本展の8万人目になられました小島まち子様、スミス・温子様、本当におめでとうございました。
インカ帝国展は、今週末の1月27日(日)までの開催です。まだご覧いただいていない皆様は是非、
県立美術館にお越しください。

美術館の独り言

「インカ帝国展」の来館者数が4万人を達成しました!

 

県立美術館では、昨年11月27日に開幕したマチュピチュ「発見」100年インカ帝国展の来館者数が昨日、
4万人を達成しました。見事4万人目の来館者となられたのは、静岡市清水区からお越しの竹下勇子様
(写真右端)と歩美様(写真右から2人目)親子です。

 

これを記念し、昨日11:00から記念のセレモニーが行われ、4万人目の来館者となられたお二人には、
当館の坂田副館長より花束を、そして特別協賛者の清水銀行の鳥羽山取締役から記念品が贈呈されました。

 

思い掛けない出来事に竹下勇子様、歩美様のお二人もビックリ!特に歩美様は、
勇子様の次男の奥様で普段はドイツ在住のところ一時帰国中での出来事だったそうです。

 

今回、本展の4万人目になられました竹下様、本当におめでとうございました。
これからも是非、県立美術館にお越しください。

美術館の独り言

「インカ帝国」展の来館者数が1万人を達成しました!

 県立美術館では、11月27日に開幕したマチュピチュ「発見」100年インカ帝国展の来館者数が、本日1万人を達成しました!見事1万人目の来館者となられたのは、静岡市駿河区からお越しの小林道史さん(写真右から2人目)と赤平芙美さん(写真右端)のカップルです。

 これを記念し、本日14時から記念のセレモニーが行われ、1万人目の来館者となられたお二人に当館の坂田副館長から花束と本展図録を、そして特別協賛者の清水銀行の鳥羽山取締役から記念品が贈呈されました。

 思いがけない出来事に小林道史さんと赤平芙美さんのお二人もビックリ!思わず笑みがこぼれました。

今回、本展の1万人目になられました小林様、赤平様、本当におめでとうございました。これからも是非県立美術館にお越しください。