カテゴリー: 美術館の独り言

美術館の独り言

「富士山の絵画」展の来館者数が1万人を達成しました!

県立美術館では、昨日、9月7日に開幕した「世界遺産登録記念 富士山の絵画」展の来館者数が、1万人を達成しました。見事1、万人目の来館者となられたのは、島田市からお越しの高木正雄さん(写真右端)です。

これを記念し、同日、14時から記念セレモニーが行われ、1万人目の来館者となられた高木正雄さんに当館の坂田副館長より花束が、特別協賛の清水銀行望月取締役より展覧会の図録が贈呈されました。

今回、本展の1万人目になられました高木正雄様、本当におめでとうございました。「世界遺産登録記念 富士山の絵画」展は、10月20日(日)まで開催しています。皆様も是非、県立美術館にお越しください。

美術館の独り言

「世界遺産登録記念 富士山の絵画」展が始まりました!

県立美術館では、9月6日(金)に今年度3本目の企画展「富士山の絵画」展のオープニングセレモニー及び
内覧会が行われました。

開会式では、川勝知事、静岡新聞社・静岡放送の松井会長からご挨拶があり、続いて芳賀館長と企画展担当の福士主任学芸員から今回の企画展の概要と見どころについてお話をいただきました。

芳賀館長と企画展担当の福士主任学芸員からの見どころ解説に続いてテープカットが行われました。

オープニングセレモニー終了後は、福士主任学芸員の先導により内覧会が行われました。今回の企画展は、
中世から近代に至る富士山の絵画を一堂に集めたもので、当館所蔵の作品を含め、80点をご紹介するもの
です。

第一章では、「富士山と信仰」との関わりを示す作品を展示しています。

第二章では、「富士山と三保松原」をセットにして描いた作品を展示しています。

第三章では、「富士山」と「白糸の滝」をセットにして描いた作品を展示しています。

第四章では、様々な場所から描いた富士山の作品を展示しています。このうち、第6展示室には地方自治法
施行60周年を記念して造られ、静岡県の千円銀貨の図柄にも採用された横山大観の『群青富士』も展示されています。

「世界登録遺産記念 富士山の絵画」展は、10月20日(日)まで開催しています。是非、静岡県立美術館に
お越しください。

美術館の独り言

「夏目漱石の美術世界」展の来館者が1万人を達成しました

県立美術館で、7月13日(土)に開催した、「夏目漱石の美術世界」展の来館者数が8月13日で1万人を達成しました!
見事1万人目の来館者となられたのは、静岡市駿河区からお越しの沖野さんご家族です。

これを記念して、同日セレモニーが開催され、坂田副館長より花束と図録が贈呈されました。

右から、沖野ま起子様、沖野駿さま、沖野遙さま、沖野研吾さま

学校の美術の宿題のため県立美術館にきたとのこと。
思い掛けない出来事にビックリ!思わず満面の笑みがこぼれました。
これからも是非、県立美術館にお越しください。

美術館の独り言

「草間彌生」展の来館者数が5万人を達成しました!

県立美術館では、6月15日(土)に現在開催中の「草間彌生~永遠の永遠の永遠~」展の来館者数が
5万人を達成しました!

梅雨の中休みでなんとか天候にも恵まれ、朝から大勢のお客様が来館されました。エントランスホールでは
ヤヨイちゃんの巨大バルーンがお出迎え。皆さん、さかんにカメラのシャッターを切っていました。

入場券売り場前では、度々、入場券を買い求めるお客様の列が出来ていました。

第1展示室内の様子です。皆さん、熱心に作品を鑑賞されていました。

第5展示室にある巨大なカボチャは写真撮影が可能です。皆さん、足を止めて作品をカメラに収めていました。

第6展示室のテーマは「わが永遠の魂」。 第3展示室までのテーマ「愛はとこしえ」の作品に比べ、
こちらは色鮮やかな作品が展示されています。

第7展示室出口前のスペースでは、草間彌生さんの作品制作の様子がDVDで紹介されています。皆さん、
こちらも足を止めて画面に見入っていました。

最後の作品は1階エントランスホール奥にある「魂の灯」です。箱型の内部に入って小人数で鑑賞するため、
ここでも順番待ちの列が出来ていました。

『草間彌生~永遠の永遠の永遠~』展は、6月23日(日)までです。この週末が最後となり、大変な混雑が
予想されます。まだご覧になっていない方は、早めのご観覧をお勧めします。

美術館の独り言

モリアオガエルの卵を見つけました!

 本日の昼間、当館レストラン「エスタ」の横にある池の脇の樹木の葉にモリアオガエルの卵を見つけました!

 場所は、県立中央図書館へ向かう階段とレストラン方向に進むスペースのある所で、3段になっている
最上段の池の脇のコナラの木です。上の写真では、向かって右側にある木です。

 コナラの木の葉に泡状の卵が産みつけられていました。画面のほぼ中央の白い塊状のものですが、
分かるでしょうか?

 近づいて見ると、卵の状態が分かります。もうしばらくすると、卵から孵ったおたまじゃくしが下の池に落ちて
元気に泳ぐ姿が見られるでしょう。楽しみに待ちたいと思います。