カテゴリー: 美術館の独り言

美術館の独り言

京博展・展示替え!

昨日は、京都国立博物館名品展の展示替え作業を行っていました。

京博展の図録表紙に使用している、《柳橋水車図屏風》は後期からの展示です。《柳橋水車図屏風》は、20作例以上が確認されていますが、京博のものは、古くから名品として知られているものです。現在は黒く酸化している水の流れは、銀を用いて描かれています。また、橋や水車には金箔が用いられていて、この作品が描かれた当初は、とってもきらびやかで豪華な様子だったんだろうなあと想像します。画面を右から左に見ていくと、右側の柳は芽吹いたばかりの新芽であるのに対し、左側の柳は若葉の茂る様子が描かれていて、季節の移り変わる様子も描かれています。描かれている場所は、京都の宇治で、流れる川は宇治川、橋は宇治橋です。この橋を渡った向こう側には、浄土を体現した平等院鳳凰堂があります。今回の展覧会のサブタイトルである「祈りと風景」にぴったりな作品ではないでしょうか。ぜひご覧になっていただきたい作品のひとつです。

後期からの展示作品は、《草花文様四つ替小袖》もあります。ちらしの裏で使用している作品ですので、気になっているお客様も多いのではないでしょうか。全体が4区画に分かれていて(「段片身替わり」と言います)、それぞれの区画に、梅、藤、楓、雪持笹が刺繍されています。大胆な配置、対称的な配色、そして繊細な刺繍。ぜひ生でご覧になっていただきたいです。

京博展もいよいよ折り返し地点ですが、後期のみの出品作品も素晴らしい作品が勢ぞろいしています。また、《餓鬼草子》は前期は二段と三段を展示していましたが、後期は場面を変えて、四段から七段まで展示しています。《奥之細道図巻》や《乗興舟》も前期とは違う場面が出ています。

これだけの作品を一度に見る機会はなかなかないと思いますので、まだご覧になってない方はもちろん、前期展示を見たという方も、ぜひ「京都国立博物館名品展 京都千年の美の系譜―祈りと風景―」展に足をお運びください。お待ちしています!

美術館の独り言

京博展 後期展示開幕!

10月22日に始まった「京都国立博物館名品展  京都千年の美の系譜―祈りと風景―」は、昨日展示替えが行われ、今日から後期展示に入りました。

前期のみ展示だった雪舟《天橋立図》(国宝)は引っ込んでしまいました。。

が!いよいよあの作品の登場です。

そう、《山水屏風》(国宝)がついに展示されました!!

平安時代に制作された屏風は、いまではもうこの作品しか残っていません。

まさに千年の時を越えて伝えられた作品ですね。

ほかにも7件の作品が後期から展示されています。前期展示を見たという方も、是非またお越し下さい☆

美術館の独り言

京博展 前期展示終了☆

 静岡県立美術館10月22日から開催している「京都千年の美の系譜」展が、昨日の11月13日で前期の展示日程を終了しました!

 休館日の今日は、後期の為の展示変え一部行っています。(後期日程は11月15日~12月4日)

 前期日程最終日の昨日は晴天!!大勢のお客様がお見えになりました。

入り口になが~い列が出来ていますね!!うれしいです!

展示室内も熱心なお客様であふれています!

国宝や重要文化財の前は特に人気が集中していました!!

 こちらは昨日の当館の講堂の様子。。。みなさんとても集中されています!!こちらも熱心なお客様が100余名ほど駆けつけてくださり、大盛況です!京都国立博物館の山下善也氏をお招きし、「きらめく京都、きらめく近世の絵画」というテーマでお話していただきました。

 明日からは、いよいよ後期の展示がスタートします!

 前期ですっかり魅せられた方、うっかり前期を見逃してしまった方、お待ちしています!

美術館の独り言

祝☆1万人達成!!

 静岡県立美術館で10月22日に開幕した「京都千年の美の系譜」展の来館者数が、本日1万人を達成しました!!

 見事一万人目の来館者となられたのは、千葉県浦安市にお住まいの坂口勝男さん(写真左から2人目)と喜重子さん(同3人目)ご夫妻です。これを記念し、本日13:30より記念のセレモニーが行われた様子を、ほやほやのうちにお届けします!!

 お二人には、当館の坂田副館長より花束の贈呈に続いて記念品として、「京都千年の美の系譜」展の図録が贈られました。

 さらに☆本展の共催者である静岡第一テレビの木村専務取締役より記念品が贈呈されました。

 思いがけない出来事に坂口様もビックリ!もちろん、その満面の笑みを逃しません☆

 最後はもう一度、記念にぱちり☆

 今回本展の1万人目になられた坂口様、本当におめでとうございました。

 冷たい雨の中、はるばる県を越えて来てくださる方の熱意に、胸が熱くなりました。

 これからもみなさまのお越しをお待ちしております!!

美術館の独り言 観れちゃう

レッツウォーキング☆

 行楽シーズンの秋ですよ!

 このたび(10月29日のイベントでしたので事後報告ですが・・・)JRさわやかウォーキングの新コースに、静岡県立美術館が仲間入りしました!

 その名も、「日本平 舞台芸術公園と県立大学学園祭(剣祭)ウォーキング」!!

 タイトルには入っていませんが、ちゃんとコースに入っているんです!東静岡駅をスタートし、日本平の「舞台芸術公園」、平澤寺・平澤観音、静岡県立美術館、静岡県立大学、草薙駅ゴール☆という、芸術たっぷりコースです。なんとその距離10キロ!!

 静岡県立美術館にたどり着く頃にはお疲れかな・・・、と思われましたが、参加者さん達のさわやかなこと!!うれしいです。

 年内のさわやかウォーキングのコースは他に参加していませんが、自分の好きな場所を気ままにウォーキングしてみてはいかがでしょう。