カテゴリー: 美術館の独り言

美術館の独り言

羽ばたき鳥形飛行機(その3)

これまで2回に渡ってご紹介してきた『レオナルド・ダ・ヴィンチの羽ばたき鳥形飛行機』。
最終回となる今回は、③「主翼と尾翼」の製作から完成までの様子をご紹介していきます。

IMG_1518

翼用支柱(鳥の翼の小骨に当たる部分)の溝をサンドペーパーで削って組み立てしやすいように
加工します。

IMG_1520

主翼支柱部(鳥の主翼の骨格部分)も同様に溝をサンドペーパーで削っていきます。

IMG_1521

サンドペーパーでの加工終了後、主翼支柱部に翼用支柱を仮組みして合わせ具合を確認します。

IMG_1526

左右両方の主翼の支柱部分の仮組みまで終了したところです。

IMG_1533

一旦、全ての翼用支柱を外し、左右の主翼支柱部の端の穴に紐を通していきます。

IMG_1537

紐を通し、再び翼用支柱を接着して完成した左右の主翼部分。

IMG_1471

次は尾翼先端部分の製作です。主翼と同様に各部品の溝をサンドペーパーで削り、取り付けが
容易なように加工します。

IMG_1473

それらを接着して尾翼先端部分を作ります。

IMG_1542

尾翼先端部分を尾翼ホルダーに接着して尾翼全体が出来ました。

IMG_1546

主翼部分の上側にある溝に紐を接着していきます。

IMG_1548

尾翼先端部分にも溝があり、こちらにも紐を通して接着します。

IMG_1557

完成した左右の主翼部分を先に組み立てたパイロットの上部にある主翼サポートに取り付けます。

IMG_1574

最後に尾翼部分をパイロットの台座に取り付けて全ての組み立てが終了です。

IMG_1612

組み立て開始から一週間ほどかけて、ようやく『羽ばたき鳥形飛行機』が完成しました。

IMG_1607

この『羽ばたき鳥形飛行機』は、土台部分に回転用の歯車があり、手前の回転ハンドルを回すと
主翼が上下に可動すると同時にパイロットの手足が前後に可動します。写真は、パイロットの膝
が曲がり、主翼が下がったところです。

IMG_1608

さらに回転ハンドルを回すと、今度はパイロットの膝が伸びて主翼が上がります。
私には撮影技術がなく、動画でお見せできないのが残念です。

IMG_1625

完成した『羽ばたき鳥形飛行機』は、現在、県立美術館2階のブックショップ内の中央付近に
完成見本として販売商品とともに展示されています。
県立美術館にお越しの際は、あなたも是非、主翼の回転ギミックを ”体験” してみてください。

 

美術館の独り言

羽ばたき鳥形飛行機(その2)

前回ご紹介した『レオナルド・ダ・ヴィンチの羽ばたき鳥形飛行機』。今回は、②「土台部分」の
製作の様子をご紹介していきます。

IMG_1418

はじめに ”小さい歯車” を組み立てます。歯になる部品8本をそれぞれ歯車の穴に接着して
いきます。

IMG_1421

歯の部品を全て取り付けたらもう片方の歯車を接着して  “小さい歯車”  の完成です。

IMG_1425

次に  ”大きな歯車”  を作ります。こちらも歯になる部品16本をそれぞれ歯車の穴に接着して
いきます。

IMG_1426

”大きな歯車” が完成。こちらの歯車は片側のみです。

IMG_1436

歯車を回転させるためのクランクシャフトを作ります。

IMG_1440

用の土台となる板2枚を中央で接着し、大きな板を作ります。

IMG_1456

パイロットが乗るためのパイロット台を組み立てます。

IMG_1457

次にスタンドを作ります。

IMG_1458

左右両側のスタンドをスタンド固定用の横材部品で接着します。

IMG_1460

組み立てたスタンドとパイロット台を接着します。

IMG_1463

スタンド+パイロット台を裏返して展示用の土台に接着します。

IMG_1466

次にクランクシャフトスタンドを3つ作ります。それぞれのクランクシャフトスタンド下側の穴に
ダボを接着します。

IMG_1467

”小さな歯車”  とクランクシャフト、クランクシャフトスタンドを組み立てます。

IMG_1468

それを展示用の土台にしっかりと接着します。

IMG_1485

大きな歯車用のクランクシャフトとクランクシャフトスタンドを組み合わせます。

IMG_1491

大きな歯車と小さな歯車を噛み合わせるようにして土台にしっかりと接着します。

IMG_1501

これで土台部分が完成しました。

IMG_1470

パイロット台と主翼をつなぐための部品(主翼サポート)です。糸を通すための金具を取り付けます。

IMG_1516

パイロット台にパイロットと主翼サポートを取り付けたところです。次回は、③「主翼と尾翼」部分の製作から完成までの様子をご紹介します。

 

 

美術館の独り言

羽ばたき鳥形飛行機(その1)

県立美術館2階のブックショップでは、様々なミュージアム関連グッズが販売されています。
『レオナルド・ダ・ヴィンチの羽ばたき鳥形飛行機』もその一つ。今回、販売促進用の完成見本としてこの木製模型を製作しましたので、これから3回シリーズで製作の様子をご紹介していきます。

IMG_1397

パッケージはこんな感じ。輸入製品のため、全て英語表記です。

IMG_1406

パッケージの中身です。白い紙の左側が英語表記の組立説明書、中央が組立説明書の日本語要約版で、右端の袋が部品一式という構成。製品は木製です。

IMG_1408

袋を開けると大小様々な部品が入っています。この木製模型は、大きく、①「パイロット」、
②「土台部分」、③「主翼と尾翼」の3ブロックに分けられます。

IMG_1431

それでは製作開始です。組立説明書の手順に従って、①「パイロット」から製作していきます。
はじめは足部分を組み立てていきます。組立説明書の図を見ながら接着位置を確認します。

IMG_1432

接着する位置が確認できたら付属の接着剤で部品を順に接着します。

IMG_1433

足部分が完成しました。ここの部品は全部で4パーツでした。

IMG_1441

次に脚部分を製作します。大腿部と下腿部を関節用のダボで組み合わせる構造です。
それぞれの関節部分にダボ(写真中央の小型の円筒形部品)を接着していきます。

IMG_1446

大腿部と下腿部の関節部にダボを接着した状態です。

IMG_1447

先に製作しておいた足部分に大腿部と下腿部を接続して、脚全体が完成しました。

IMG_1448

完成した脚を胴体部分に取り付けたところです。

IMG_1452

脚、胴体の次は腕部分を作ります。脚部と同様に前腕部と上腕部のそれぞれの関節部分に
ダボを接着していきます。

IMG_1476

関節部分が接着するまでの間、組み立てた胴体部分と並べて取り付けの様子を確認します。

IMG_1509

前腕部と上腕部の他、別に組み立てておいた頭部をそれぞれ胴体に接着してパイロットの完成です。

IMG_1484

以上で、①「パイロット」部分は完成です。腕部や脚部の関節部分が可動して体育座りの
ポーズもできます。次回は、②「土台部分」の製作記事をご紹介しますので、チェック
してみてください。

 

 

 

美術館の独り言

『石田徹也ー ノート、夢のしるし』が始まりました!

県立美術館では本日、今年度6本目の企画展『石田徹也ーノート、夢のしるし』のオープニング
セレモニー及び内覧会が行われました。

F95C1876(トリミング)

開会式では、はじめに当館の芳賀館長からご挨拶がありました。

 

F95C1894(トリミング)

また、開会式には石田徹也氏のご家族にもご臨席いただきました。ご家族を代表してお父様の
石田嘉弘様よりご挨拶をいただきました。

F95C1908(トリミング)

石田嘉弘様からのご挨拶に続き、本展覧会の担当である川谷上席学芸員から展覧会の見どころ
について説明がありました。

F95C1924(トリミング)

川谷上席学芸員からの説明終了後、オープニングテープカットが行われました。

F95C1942(トリミング)

オープニングセレモニー終了後は、芳賀館長と川谷上席学芸員の先導により、内覧会が行われました。本展覧会は、静岡県立美術館が所蔵する21点を含む石田徹也氏の代表作約110点に加えて51冊のスケッチブックに描かれた下絵やアイデアノートを初公開。制作の過程や思考の跡を辿り、創造の秘密を探ります。

F95C1956(トリミング)

企画展入口前にて石田徹也氏のご家族揃っての記念撮影。中央にお父様とお母様、それに3人の
お兄様です。

F95C1985(トリミング)

展示室内の作品は、制作時期に沿って時系列順に展示しています。こちらは、比較的初期の作品
《燃料補給のような食事》です。

 

F95C1978(トリミング)

第3展示室前のパネルには、本展覧会のポスターにもなっている《めばえ》が展示されています。

F95C1995(トリミング)

こちらは、第4展示室の様子です。大小さまざまなサイズの作品が展示されています。

F95C2000(トリミング)

『石田徹也ーノート、夢のしるし』は、明日、1月24日(土)から3月25日(水)まで
開催しています。是非、ご家族揃って静岡県立美術館にお越しください。

 

 

美術館の独り言

『つながるくさなぎ・冬フェス』に出展しました!

去る12月14日(日)に開催された『つながるくさなぎ・冬フェス』に静岡県立美術館ブースを出展しました。県美ブースでは、現在開催中の「風景解剖学」展の紹介とエコバックへのシルクスクリーン体験を実施しました。

 

写真はスタッフがテント張りや飾り付け、シルクスクリーンで使用する道具等の準備を行っている
ところです。

 

IMG_4765

シルクスクリーンの図柄は、①石田哲也《飛べなくなった人》、②ロダン《考える人》、③歌川広重《東海道五十三次 丸子宿》、④池大雅《龍山勝会・蘭亭曲水図:右隻》の4種類で、それぞれに赤色と緑色があるため、合計8種類をご用意しました。

 

IMG_4769

10時の冬フェス開始と同時に早速、お客様が来てくれました。写真はスタッフからシルクスクリーンの説明を受け、自分の好きな図柄と色を選んでいるところです。

 

IMG_4781

小さなお子様もたくさん来てくれました。みなさん、スタッフのアドバイスを聞いて真剣な表情で挑戦していました。刷り上がったエコバックはインクの乾燥後にお持ち帰りいただきました。

 

シルクスクリーンは子供だけでなく大人にも大人気でした。上手くインクが付かない時は、インクを
足して再度チャレンジします。午後には順番待ちの列が出来てスタッフが休む間もないほどの盛況振りでした。

 

冷たい風が吹く寒い一日でしたが、お客様には大変好評で用意した150枚のエコバックが早々と
なくなってしまいました。ご来場された皆様ありがとうございました。この次は是非、県立美術館の
展覧会等にもお越しくださいね!