カテゴリー: 美術館の独り言

美術館の独り言

壁職人☆

見つけました!壁紙職人☆

しゃっしゃっしゃっ・・・、という小気味良い音が展示室に響きます。

みるみる内に、黒い壁が白い壁に!!私が写真を撮る暇もくれません!

展示と展示の間には、展示作品を片付ける時間、新しい展示をする時間があります。

これは、新しい展示をする下準備をしているところ。

壁に塗装を・・・、したいところですが乾かす時間も惜しんで布を壁に貼っています。

それにしても職人技!とても貼ったものとは思えません!

どうぞ美術館にお越しになって、どこがその壁なのか探してみてくださいね☆

(ちなみにその壁は一箇所だけです!ヒントは写真の中にありますよ!)

さて、まだホームページトップにも載っていない情報をここで1つ!

いま準備している次回展示は、三本立て!

「Girl/Woman/Mother アーティストが描き出す少女、女、母のイメージ」

「マスタープリンツ」

「日本画 春の景」

以上3つのテーマの収蔵作品展を 3月13日(火)よりお届けします☆

準備段階を追ってブログにUPしてゆきますので、お楽しみに☆

美術館の独り言

ロダン賞ってな~んだ?!

 みなさま、春らしい陽気とはまだ言えませんが、お元気にお過ごしですか?

 突然ですが、静岡県立美術館といえば、「ロダン」!

 その「ロダン」にちなんだ「ロダン賞」なる賞があることを、ご存知でしょうか?静岡音楽館AOIが1995年の開館以来毎年行っている「静岡の名手たち」オーディションは、静岡の音楽家たちの登竜門的な存在。その合格者の中から「ロダン賞」は選ばれています!

 ふんふん・・・、でも「ロダン賞」と名前が付いているとはいえ、静岡音楽館AOIのオーディションの話が何故ここに??と思われた方、いらっしゃいますよね?実は・・・、

 「「なんと!」」

 毎年その「ロダン賞」を受賞した音楽家さんが、静岡県立美術館のロダン館に「受賞記念コンサート」を行いにやってくるのです♪

 今回は、第15回「静岡の名手たち」オーデション合格者、ロダン賞受賞の鈴木 悠紀子(クラリネット)さんと、今田 篤(ピアノ)さんによる「クラリネットとピアノによる名曲の午後」をお届けします!!

 気になる開催日は?!3月17日(土曜日)の14時から、90分程度を予定しています。春らしく装って、ゆったりした午後をロダン館に過ごしに来ませんか?

 みなさまのご来館をお待ちしています☆

 おまけ☆ちなみに、この2枚の写真は本日のロダン館の様子。雨ですが、ロダン館デッサン会には、熱心なお客様がたくさん!!天気で表情を変えるロダン館は、雨もまたいいんです!

美術館の独り言

出張美術講座に行ってきました!

昨日、2月29日(水)に、静岡県内の中学校に出張美術講座をしに行ってきました。

当館の所蔵作品のレプリカを使って、じっくりと作品を観察してもらいました。

授業で使ったレプリカは、初期狩野派《四季花鳥図屏風》、そして

伊藤若冲《樹花鳥獣図屏風》です。

原寸大のレプリカに、中学生たちも目を輝かせていました。

お昼休みにもレプリカなどをたくさん並べて、自由に見学ができるようにしていました。

先生も興味津々です。

《樹花鳥獣図屏風》のパズルにも熱心に取り組んでくれました。

中学生のみなさんにとって、少しでも美術作品を身近に感じていただけたら嬉しいです。これからも沢山の学校に、出張美術講座に出かけられたらいいなと思っています。

美術館の独り言

祝☆三万人達成!!

 静岡県立美術館で、3月4日(つまり今週末に迫ってます!!)まで開催中の「草原の王朝 契丹展」が、昨日来館者3万人を達成いたしました~!(パチパチパチ☆)

 ここで、記念すべき3万人めのお客さまをご紹介いたしましょう!

 焼津市にお住まいの渕上さまご家族です!

(写真右端より順に、渕上久恵さま、渕上聖乃さまです)

 3万人目のお客様となったお二人を、当館の芳賀館長、特別協賛者清水銀行の田中常務執行役員がお二人をお迎えし、セレモニーを行いました!

 まずは、当館の芳賀館長より花束の贈呈です!素敵な笑顔を頂きました☆

 さらに、田中常務執行役員からも記念品を贈呈☆とっても驚いてくださってますね!

 最後にみんなで揃ってぱちり☆

渕上さまご家族、芳賀館長、田中常務執行役員揃って今日一番の笑顔を頂きました!

思わず、傍に控えていた当館ミューズスタッフまで満面の笑みです!!

笑顔で溢れる、よいセレモニーになりました!!

契丹展の開催日数は残すところわずかとなっております!どうぞお越しくださいね!

美術館の独り言

広島+静岡=?!

 昨日の28日、広島県立美術館と静岡県立美術館との間で「相互協力に関する協定」の調印式が行われました!!

 ・・・といっても、硬くてどんな式なのかさっぱりですよね??

 ざっくり言いますと、相互の美術館の所蔵している作品を使って展覧会を行いましょう!学芸員同士の交流・研究をより共有し合いましょう!という協定なのです☆

 広島県立美術館の越智館長は、当館に1990~2000年まで勤務されており、その縁もあり、今回の協定が実現した次第なのです!

 協定書へのサインをした後は、越智館長、芳賀館長が笑顔で握手を交わしました!

 協定の効果はいかに・・・?!みなさま、期待してお待ちくださいね☆