作れちゃう

6/4 わくわくアトリエ「太陽の船をつくろう」

6月初頭、現在開催中の展覧会「黄金のファラオと大ピラミッド展」に関連して、こども・親子向けプログラム、わくわくアトリエ「太陽の船をつくろう」が開催されました。

船トップ
はじめに、本展覧会を担当している新田学芸員より、「太陽の船」についての解説がありました。古代エジプトの墓には、木製の船の模型や実物の船が解体されたかたちで埋葬されていたようで、近年、これらの発掘と復元による調査が行われています。ナイル川とともに生きた古代エジプト人にとって船とは、生活から祭祀に至るまで、重要な役割と意味を持っており、死者が来世で太陽神ラーとともに昼夜天空を駆けるための「太陽の船」も、そういった思想の反映と考えられています。

新田さんレク
今回のワークショップでは、この「太陽の船」にちなんで、参加者の皆さんの自由な発想でオリジナルの船を制作していただきました。木材提供は、静岡県下で事業を展開している常木教材株式会社にお願いしました。本展覧会会場に展示されている「太陽の船」の模型は、吉村作治氏の依頼により、常木教材の関連会社でもある、株式会社ウッディージョーが制作しました。(ミニチュア版をショップで販売中です)図らずも共通のご縁をいただき、ピラミッドパワーを感じずにいられません。

石津さんレク
それでは早速、「太陽の船」づくりスタート!実技室に用意された、円や立方体、三角形など、色々な形をした木材をボンドで接着して船を形づくります。前回と同様、設計図は用いずに、木材同士を組み合わせることで生まれる形のバリエーションによって、立体を造形する面白さを味わっていただきました。

いろんな形の材料
木材にわらわら
午前・午後の2回制のため、制作時間は正味1.5時間程度でした。大人の方は慎重なので、すぐには動き出しません。子どもたちは好奇心も相まって、まずは触れてみて、といった印象を受けました。最初は目移りしてしまうものの、見た目と感触で、直観的に必要な形を選んでいく様子に、感心してしまいます。選ぶ形も、一様ではありません。

木材を選ぶこども
スプーンみたいな不思議な形の木材をいくつも用意。一体、何に使うのでしょう…?

オールがいっぱい
持ってきた木材をあれこれ色々な方向から組み立てていると、作りたい形や、必要なパーツが見えてきます。形が決まったら木工用ボンドで接着していきます。

ボンドをぬる
丸い形の木材ばかりをくっつけている方もいました。モダンな船になりそうです。

まるがいっぱい
いつの間にか、机の上も造船場のようになってきました。

造船中
最初は子どもの付添いで来たのに、ついつい一緒になって熱中してまうお父さんやお母さんの姿があちこちで見られ、微笑ましかったです。

2親子でつくる
親子でつくる
集中していると時間が経つのはあっという間です。1.5時間という短い時間でしたが、ほとんどの方が完成に近い形で出来上がりました。全部ご紹介できないのが残念ですが、十人十色の「太陽の船」をご覧ください。

くっつける潜水艦みたいな船

潜水艦のような船。こんな「太陽の船」があっても素敵ですね。設置台もかっこいい!

完成救命ボート付

先に登場した「スプーンみたいな不思議なかたち」は、船のオールに使われていました。船体にオール、予備用のオール、甲板の救命用ボートにもオールが装着されています。とても早く漕げそうです。

完成階段のついた船
こちらの船は櫓×階段のスタイル。どことなく古代の雰囲気が漂っているように感じます…。

完成実技室の椅子と船
幾何学形態の組み合わせが斬新な船。制作台として使用していた椅子のカラフルさも手伝って、モダンアートの水面に浮かんでいるようです。

完成大型船
超大型船が登場。船頭と船尾のデザイン、オールの付け方も秀逸です。

完成へリポート付
こちらは大人の方の作品です。なんと、飛んでるヘリコプターとヘリポート付き!もはや「太陽の船」ではなさそうですが、素晴らしい出来映えです。

完成見張り台付
上は、小学校低学年の男の子が作った船です。どっしりと安定した設置台を作るところから、一人でもくもくと、あっという間に仕上げていく様子に感心しました。

完成乗り組み員3人
こちらは、女の子が作った船です。帽子を被った乗組員や、船上の食事の様子が、なんとも可愛らしいです。

完成宝箱あり
木の色味を生かした、豪華客船のような船。宝箱付きです。本物の「太陽の船」にも、きっと黄金のお宝がたくさん載っていたことでしょう!

今回の木材工作は「太陽の船」というテーマを設けて制作に取り組んでいただきましたが、出来上がってみると、それぞれに個性が光っていました。また、子どもたちには、自分の作った「太陽の船」のストーリーがあり、そのお話を聞かせてもらうのが、なにより楽しかったです。

次のわくわくアトリエは、8/27(日)に実施予定です。シルクスクリーンの技法を用いて、今話題のあの人をプリントする予定です…!詳細は1か月前に静岡県立美術館HP、またはフェイスブックページに掲載いたします。親子でのご参加をお待ちしております。

作れちゃう

5/17-21ちょこっと体験 みんなでピラミッドづくり

実技室プログラムのお知らせです。

5月17日から21日まで、ちょこっと体験 みんなでピラミッドづくりが開催されました。

この「ちょこっと体験」とは、当館エントランスにて15分程度の簡単な創作体験を無料でしていただけるシリーズです。
今回は現在開催中の「黄金のファラオと大ピラミッド展」に合わせて、みんなでピラミッドづくりをしました。

RIMG3635
ピラミッドというと、長い年月をかけて巨大なブロックを積んで作った建造物ですが、それをここで実践すると、ちょこっと15分では終わりません…。
そこで、今回は皆さんに一つずつ金色のブロックを作り、ご自身の名前をヒエログリフで書いていただいたものを積み重ねて大きなピラミッドにすることにしました。

建設地はここ、エントランスの写真撮影用パネルの近くです。この枠の中にピラミッドが建ちます。

RIMG3593
961名に参加していただければ完成です。
それでは 経過をご覧ください。

 

<1日目>

 

blog2

平日にも関わらず、沢山の方々が参加してくださいました。
自分の名前を表すヒエログリフを見つけると、遠い地にちょっとした親近感が湧きます。古代の人もこんな風に文字を書いていたのかな…と思いを馳せながら楽しんでいただけたようです。

 

RIMG3600

 ブロックができたら、建設地へ持っていき、お好みの場所に設置していただきます。

RIMG3613
ちょっと寂しく見えますが、最初の段は一番ブロック数を必要とする段です。

 

<2日目>

RIMG3614

 今回の「ちょこっと体験」では、ヒエログリフを書くために絵の具やマジックを用意しました。久々に使う絵の具や絵を描くこと(文字ですが)が新鮮で、たくさんの方々が長い時間かけて一つのブロックを作ってくださいました。

RIMG3615

2段目ができると完成がイメージしやすくなりますね。

 

 

<3日目>

RIMG3630

段が増えて、やっとピラミッドらしくなりました!

 

<4日目>

RIMG3642

RIMG3647

 

 

<5日目>

最終日は日曜ということもあり、ご家族で参加してくださった方々が多く、子どもたちも一生懸命ブロックを作ってくれました。

blog3

 

そしていよいよ!

 

RIMG3661

 

 

完成~!!

 

RIMG3670

 

 

全方向に皆さんのヒエログリフが!圧巻です。

ピラミッド全方位

 

こちらのピラミッドは、「黄金のファラオと大ピラミッド展」の最終日(6月25日)までエントランスに展示されています。 ピラミッドづくりに参加された方はもちろん、これからピラミッド展をご覧になる方もお立ち寄りの際はぜひご覧ください。
ちなみにこのピラミッド、見かけによらず絶妙なバランスで成り立っており、とても繊細です。お越しの際はお足下に注意して、そっとご覧くださいね。

 

みんなでピラミッド経過

 

ピラミッドづくりに参加してくださった皆様、ありがとうございました。
次回は、7月26日から28日の銅版画の体験です。詳細は6月の下旬にHPよりお知らせいたします。
皆さまのご参加をお待ちしております!

作れちゃう

5/28 ねんど開放日

 

実技室プログラムのお知らせです。

本日はねんど開放日でした。
静岡県立美術館の実技室には約1トンの水粘土があり、開放日ではこの粘土を使って皆さんに自由に遊んでいただけます。
今回は特に気持ち良い気候だったせいか、いつもに増して皆さん元気いっぱいに参加してくれました。

さて今日はどんな作品が登場したのか、見てみましょう♪

 

RIMG3815
こちらは大きな恐竜を作ってくれました。爪が大きくて、顔も強そうです。

 

 

RIMG3803
こちらは数で勝負!小さいピースをたくさん作ってくれました。
季節をテーマにしたり、自分の好きな動物や食べ物を作っても良いですし、
粘土を触って、切ったり潰したりするだけでも意外と面白いものです。

 

RIMG3812

お魚もいました。うろこまで丁寧に作られています!

 

こちらはもしかしたら…

RIMG380011

 

RIMG3808

ファラオ!とても存在感があって驚きました。
当館で開催中の黄金のファラオと大ピラミッド展は6月25日までです。お見逃しなく!

 

 

 

 

【受付状況】

本日は10:00の受付の回、11:00受付の回、13:45受付の回とも満員で活動していただきました。

6月のねんど開放日はお休みとなります。
次回は7月16日(日)に開催します。

★実技室の中には、貴重品・カメラ・タオル以外のお荷物はお持込いただけませんので、ウェストポーチなどの身に着けられる小さめの入れ物をご準備ください。

次回のねんど開放日も、たくさんのご参加をお待ちしております!

 

 

 

 

作れちゃう

4/22-23 実技講座「ビーズステッチでつくる エジプト風首飾り」

4/22、23の2日間、実技講座「ビーズステッチでつくる エジプト風首飾り」が開催されました。今回の講座は、現在開催中の「黄金のファラオと大ピラミッド展」関連企画として、展覧会に出品されているビーズ製のアクセサリーに焦点をあて、本講座オリジナルのネックレス作りに挑戦していただきました。

RIMG3494
講師には、ビーズアクセサリー作家として活動しながら、藤枝市内でビーズ教室「アトリエHappySpace」を主宰されている、山本智世さんをお招きしました。山本先生考案のレシピをもとに、エジプト風のゴージャスな首飾りを1日で完成し、お持ち帰りいただくという、女性にとってとても嬉しい、贅沢な内容になりました。

RIMG3505
実技室の一角に、山本先生の作品を紹介するコーナーを設けました。鑑賞用のビーズアクセサリーや、ブライダル用のセット、ビーズを糸で繋ぐだけで、こんなに華やかなアイテムができるなんて本当に驚きです。シンプルな技法だからこそ、紀元前何千年から現代にいたるまで、世界各地で継承されてきたのでしょう。

RIMG3502
「エジプト風首飾り」を作るということで、使用するビーズに、エジプトのエッセンスを取り入れていただきました。エジプトといえば金、黄金は腐蝕しないという性質から、古代エジプト人にとって太陽神ラーの化身であり、永遠性の象徴であったそうです。展示室のアクセサリーは本物の金ですが、講座用には金色ビーズを使用しました。そして青色には、古代エジプト人が使用したのと同じラピスラズリのビーズを用いました。赤色にはチェコビーズ(展示品は赤にカーネリアンを使用)、緑色はスカラベカラーのガラスパールを用いました。

RIMG3496
ご参加いただいた方のほとんどがビーズステッチ初挑戦ということもあり、本当に完成できるのか、最初は不安でしたが…ビーズを繋ぐパターンを心得れば、あとは同じ工程の繰り返し、美しいフリンジがどんどん出来上がっていく様子に、心が躍ります。

RIMG3499
今回の講座でもっとも難関だったのが、糸通しです。小さなビーズを使用すると、その穴を通す針も細くなくてはなりません。スタッフはこの2日間、何度となく糸通しをお手伝いしました。

RIMG3500
1日目、2日目ともに、参加者は全員女性でした。細かな作業に集中していると、あっと言う間に時間が過ぎていきます。疲れませんか?と尋ねたところ、「家事をするよりずっと楽しい!」とのことでした。女性はきっと太古の昔から、こんなふうに美しいアクセサリーを作っては息抜きをしていたんでしょうね。

RIMG3503
いちばん早い方は3時間で仕上がりました。せっかくなので実際に着けたところを写真に撮らせいただきました。ネックレスに合わせて、ピンクのブラウスや開襟のシャツを着てご参加下さったそうです。

RIMG3504
仕上がった作品以上に、身に着けた時の皆さんの笑顔がとても素敵だったのが印象的でした。

RIMG3506
古代エジプトのエッセンスを取り入れたアクセサリー、デザインの美しさももちろんですが、何やらすごいパワーがありそうだと思いませんか…?永遠の美を願って、大切に使っていただけたらと思います。

作れちゃう

2/11-12 実技講座「おるたな写真講座-デジネガ&フォトグラム-」

2/11、12の2日間にわたり、大人向けのオルタナティブ写真講座が開催されました。
講師には、2/5に行われた「わくわくアトリエ」からひきつづき、静岡市内で「大野写真研究室」や「レンタル暗室とりこ」を営む、大野仁志さんをお迎えしました。この講座では、美術館の一室を暗室として使用し、一風変わった現像体験をしていただきました。

RIMG3290

1日目は、スマートフォンなどで撮影したデジタルデータをアナログにプリントする「デジネガ」という手法に挑戦しました。デジタル写真→銀塩写真というイメージが結びつかず、皆さんの頭の中に???いっぱい浮かんでいる様子でしたが…ともあれ撮影に出発しました。

RIMG3292
実技室の向かい側にある中庭を被写体にして、撮影のポイントについてレクチャーを受けました。今回はモノクロに現像するため、ものの形「フォルム」や、光と影が作り出す「コントラスト」に意識して撮影するよう心がけました。

RIMG3311
この日は雲ひとつない青空、素敵なフォルムやコントラストがたくさん見つかりそうな、良いお天気でした。

RIMG3303
石畳の階段も恰好のモチーフです。撮影する人がいつの間にか被写体になっていることも。

RIMG3301
撮影会では、各々が興味を持った風景に引き込まれ、どんどん奥へと入っている様子が見てとました。慣れ親しんだプロムナードも、カメラを通して眺めると、新しい視点、小さな発見の連続でした。

RIMG3315
次に、撮った写真(デジタルデータ)を銀塩写真に現像するため、画像をフォトショップで加工し、白黒反転させてネガを作りました。今回は参加者の方の材料費の負担を抑えるためにコピー用紙に出力…!コピー用紙でもネガになるんですね。

RIMG3321
午後からは暗室で現像作業を行いました。静岡県立美術館の講座室をまるごと暗室仕様にしたのは今回が初めてですが、大野さんは手馴れた様子で、あっという間に暗室を作っていました。暗闇の中での作業は、なぜかちょっとわくわくする感じ…きっと参加者の皆さんもそうだったに違いありません。

RIMG3323
1枚目の現像では、露光時間に変化を持たせ、モノクロのトーンを作り出しました。これを見て、自分が現像したい濃さを決め、露光時間を算出します。

RIMG3336
現像・停止・定着液につけた印画紙を水で洗い、乾かします。

RIMG3341
最後は全員のネガとポジを並べて作品鑑賞を行いました。印画紙にプリントされた写真は、繊細な光が細密に捉えられていて、本当に綺麗でした。よく、写真は複製技術の芸術などと言われますが、デジタルカメラやスマホで撮影した画像を白黒へ、さらに現像の工程を経て自分の作品に落とし込む、といった一連の流れを体験し、皆さんの作品から、1点ものの深い味わいが感じられました。

---------------------------------------------------

2日目は「フォトグラム」という技法を体験しました。この技法では、カメラを用いずに感光紙と光源の間にさまざまな物体を置き、その物体を直接露光させてシルエットを焼きつけます。有名なところでは、マン・レイが同じ技法を用いて作品をつくりました。昨日と同様、私たちにとっては未知の写真技法です。一体、どのような作品に仕上がるのでしょうか。

RIMG3343
色々な素材が必要ということで、採集に出発しました。落ちている木の実や葉っぱ、作品が面白くなりそうな物体を探して県美周辺を散策しました。

RIMG3350
実技室にも色々な素材を用意しました。くしゃくしゃにしたセロファン、絡まった紐、梱包材のプチプチ…。本当に使えるのか不安になるようなものの数々です…。

RIMG3346
採集した素材と実技室のアイテムを組み合わせて、構図を考えます。ただ単純に構図を考えるだけでなく、露光されたらどのような影が落ちるのか、透ける素材はどんな風に投影されるのか、想像しながら構成していきます。

RIMG3324
組み立てた構成ごと暗室に持っていき、印画紙の上で同じように組みなおし露光します。現像、停止、定着液につけて水で洗い流すと…

RIMG3349

印画紙の上に置いた色々な物体が、シルエットとともに写しだされました!上の作品には、唇や蜘蛛のかたちのオモチャ、 フォークも使われているのがわかります。光を通さないものは白く、通すものは半透明に、異なる素材の重なりが、不思議な奥行を生み出しています。最初はひとり1枚、作品を完成させるのが目標でしたが、皆さん、講座が終わる直前まで、色々なパターンに挑戦していました。

RIMG3351
こちらが、出来上がった作品の数々です。自分の手を使った作品もありますね。洗濯ばさみやボタン、シダの葉っぱに蔓草、どこにでもありそうなものが、こんな素敵な作品になるなんて、本当に驚きです。

RIMG3354

今回の講座では、2つの技法を通して、普段とは違った角度から「写真」にふれることができました。日頃からデジタルデータの写真に慣れ親しんでいる私たちにとって、現像という行為自体が未知の領域でしたが、それを体験することによって、写真の原点を知る貴重な機会となりました。