作れちゃう

4/8 創作週間スペシャル「ロダン彫刻でデッサンの基礎を学ぶ」

新年度初講座、創作週間スペシャル「ロダン彫刻でデッサンの基礎を学ぶ」が行われました。
当館では、1年を通して、月に1回(2日間)のペースで「ロダン館デッサン会」を行っています。通常のデッサン会は、指導者を入れず、未経験者も経験者も自由に描き、ロダン彫刻に親しんでいただく機会として実施しています。今回の講座では、アステール総合美術研究所(所在地:静岡県三島市)で美大受験のデッサン指導にあたる、野呂美樹さんをお招きし、素描の基礎についてレクチャーを受けた上で、ロダン彫刻の鉛筆デッサンに取り組んでいただきました。

デッサンSP始まり
はじめに、美術研究所の生徒が描いた参考作品を紹介すると、「わあ…」という声が上がりました。この講座では、美大受験生のようなデッサンを描くことが目標ではありませんが、参考作品を見ることで、普段自分が描いているデッサンとどのような点が違うのか、どうして上手く見えるのか、発見することができます。

デッサンSP講師

1日目は、デッサンに臨む姿勢、鉛筆の削り方、練り消しゴムや測り棒の使い方といった道具の扱い方とともに、対象の測り方、構図の取り方など、鉛筆デッサンをする上で基本となる内容のレクチャーを受け、各自、自分の描きたい作品の前へ移動してデッサンを開始しました。

デッサンSP7嘆きの聖母
上の写真は、ロダン館展示室2でデッサンを始めた方々の様子です。こちらの部屋には、青年期のロダンの作品や、ロダン以前に活躍した彫刻家の作品が展示されています。毎月のデッサン会でも人気のあるモデル、ジャン=バティスト・カルポー《悲しみの聖母》の周りに、複数のイーゼルが立てられました。このエリアはデッサン会リピーターの方々が中心でしたが、先ほど受けたレクチャーを思い浮かべ…いつもより慎重に、測ったり、構図を考えたりしている姿が印象的でした。

デッサンSPカレの市民
こちらは、オーギュスト・ロダン《カレーの市民》エリアのデッサン風景です。当館所蔵の《カレーの市民》は、一体ずつ独立しているのが特徴です。人質となり、意気消沈したカレーの英雄の表情、体全体から滲み出す苦悩を、どうすればデッサンで捉えられるのか、描き始める前にじっくりと作品と向き合っていました。

デッサンSP永遠の休息の精
上の写真の方は《永遠の休息の精》をモチーフに選びました。画面に力強い線で、体の大きな流れを印しているのが見てとれます。時々、作品の横で同じポーズを取ったりしながら、この難しい重心の像をなんとか捉えようとしている姿も見られました。

デッサンSP6クロード・ロラン
画家の《クロード・ロラン》(写真左)や《バスティアン=ルパージュ》(写真右)、奥には《考える人》を描いている方も見えます。これだけ有名な人々(考える人もあえて人に含みます…)をデッサンするというだけでも、貴重な体験ですね。2人の画家の像は、実在した人物ですが、ロダンにとっては2世紀も前の人物です。それを忘れさせるようなエモーショナルな表現を、デッサンでどのように捉えるかが腕の見せ所です。写真手前の2名の女性は、人物像を彷彿とさせるような情感を伴った表情を、大胆な構図で切り取っていました。

デッサンSP8ブリッジギャラリー

本館からロダン館を繋ぐブリッジギャラリーには、ロダンと同時代、またはそれ以降に活躍した彫刻家の作品が展示されています。A.マイヨール《イルド・フランス》のトルソを、2名の参加者がデッサンしました。優美な裸体像ですが、フォルムとは対照的な要素、硬質なブロンズの黒がデッサンの難易度を高くするようで、黒色の質感に苦戦されている様子でした。

デッサンSP1日目感想会
1日目の終わりに、参加者の皆さんのデッサンを並べ、途中経過の共有をしました。1人でもくもくと進めていると、どうしても越えられない壁が現れるものですが、同じように取り組んでいる方の作品を目にすることで、自分の作品も客観的に見れることがあります。皆さんと同時に描き始めた、インストラクターのデッサンも参考にしつつ、個々の進捗状況や今後の課題を確認し、1日目を終了しました。

2日目は、ガーゼを用いたトーン(モノトーンの色調)の付け方のレクチャーから始まりました。いよいよ、鉛筆の濃淡を駆使して、デッサンを描き込みを開始しました。芸大や美大の試験で求められるデッサンは、1日の内の決められた時間内にデッサンを完成させるというような、非常にタイトな工程ですが、本来のデッサンは、どこまで描き込み、どこで終えるかは、自分と作品との対話の中で決定されるものだと思います。今回の講座に参加された方も、今日までのレクチャーを受けて、十人十色の進め方が見て取れました。この講座の後、「通常のデッサン会で続きを描くよ」と話されていた方もいました。まだまだ途中の段階ですが、皆さんの力作をご紹介いたします。

InkedデッサンSP作品4_LI

InkedデッサンSP作品5_LI
InkedデッサンSP作品6_LI上の3作品、ジャン=バティスト・カルポー《悲しみの聖母》のデッサン

InkedデッサンSP作品3_LIオーギュスト・ロダン≪カレーの市民≫ジャン・ド・フィエンヌのデッサン

InkedデッサンSP作品7_LIオーギュスト・ロダン≪カレーの市民≫ユスターシュ・ド・サン=ピエールのデッサン

デッサンSP作品1オーギュスト・ロダン≪カレーの市民≫ジャック・ド・ヴィッサンのデッサン

デッサンSP作品2オーギュスト・ロダン≪カレーの市民≫ジャン・デールのデッサン

デッサンSP作品11オーギュスト・ロダン≪永遠の休息の精≫のデッサン

InkedデッサンSP作品14_LIオーギュスト・ロダン≪<影>のトルソ≫のデッサン

デッサンSP作品8オーギュスト・ロダン≪考える人≫のデッサン

InkedデッサンSP作品9_LIオーギュスト・ロダン≪バスティアン=ルパージュ≫のデッサン

InkedデッサンSP作品10_LIオーギュスト・ロダン≪クロード・ロラン≫のデッサン

デッサンSP作品12

デッサンSP作品13上の2作品、Aマイヨール《イルド・フランス》のトルソ、デッサン

デッサンSP作品講評

2日目の最後には、お一人ずつの作品を見ながら感想会を行いました。講師対参加者でなく、周りのスタッフも交えつつの感想会は、いつの間にか、一般のお客様もギャラリーとして巻き込み、良い雰囲気の中、2日間のデッサン会を終えました。

デッサンのルールにとらわれず、感性のままに描くというのも有意義な体験ですが、対象の見方、描き方のコツを掴むことで、デッサンはぐんと上達します。自分でも見違えるほどの変化を感じられると、やはり嬉しいものです。2日間、皆さんのデッサンを拝見し、1日目よりも2日目と、作品が充実していく様子が見てとれました。講座を通して色々な気づきや発見があったのではないかと思います。また、今はまだその気づきを上手く絵に反映することが出来なかったとしても、この先のデッサン会の中で、その発見を追求し、自分のものにしていただけたらと思います。

 

作れちゃう

2/18 わくわくアトリエ「陰刻で妖怪を作ろう!陰刻技術開発研究」

2月18日に、わくわくアトリエ「陰刻で妖怪を作ろう!陰刻技術開発研究」ワークショップが行われました。
今回のワークショップでは、講師に「アートのなぞなぞ―高橋コレクション展」出展作家・西尾康之氏をお招きし、西尾さんが作品制作の際に用いる「陰刻鋳造」(いんこくちゅうぞう)という技法で、石膏の立体作品やレリーフ(半立体作品)の制作に挑戦しました。「陰刻」だからこその「妖怪作り」の様子を、参加者の皆さんの作品とともにご紹介します。

1日完成5
「陰刻鋳造」という言葉は、大人でも聞きなれない方が多いのではないでしょうか。『アートのなぞなぞ-高橋コレクション展』図録には、次のように解説されています。「陰刻鋳造とは、粘土を指で押しつけ鋳型を作り、そこに石膏を流し込み、型を抜き取る手法である。」文章だけでは想像しにくいかもしれませんが、「たい焼きの型」と「出来上がったたい焼き」にあたる部分を思い浮かべると分かりやすいかもしれません。陰刻鋳造では、自らの指や道具などで直接型となる部分を刻み、そこに、石膏などを流し込み固めて取り出したものが作品となります。私たち実技室スタッフも初体験の技法だったため、ワークショップ開始前に西尾さんからレクチャーを受けました。

試作0
上の写真は、講師の西尾さん(写真右)と助手の松尾さん(写真左)が、レクチャー用の試作を作っているところです。今回のワークショップでは、信楽粘土を型の素材として用い、陰刻を施しました。

試作1
型に石膏を流し込んで取り出した時のかたちを想像しつつ、指で粘土に陰刻を施していきます。凹にしたところは凸になる…などと考えるとかなり頭が混乱するのですが、流石は西尾さん、この技法を使いはじめて25年近くなるそうで、すっすっと軽く粘土を撫でたかと思うと、あっという間に型が出来上がりました。

試作2
試作の陰刻(右:西尾さん、左:松尾さん)を終え、周囲にぐるっと粘土の土手を作り、石膏を流し入れる準備が整いました。

試作4
細かい部分にもしっかり石膏が行き渡るように、オイラーを使って石膏を注ぎ込んでいきます。なんだかお菓子づくりのようで、わくわくしてしまいます。

試作5
石膏が固まるまで待つこと20数分…西尾さんの試作が出来上がりました。かっこいい!陰刻とは思えない素敵な出来映えです。このような工程で、参加者の皆さんにも陰刻鋳造にチャレンジしていただくのですが、西尾さんの試作のように思い通りのかたちが出来ることはなかなかなく…、どんなにがんばっても意図とは違った不思議な、妖怪のような作品が誕生するという、一回性のそれがこの技法の特徴であり、醍醐味でもあります。

午前はじまり
開館とともに30名近い参加者の方々がお見えになり、いつになく賑やかな実技室となりました。小学1年生~70代の方まで、色々な世代の方々がテーブルに向き合って作業をする様子が、良い雰囲気でした。上の写真は午前(10:00~12:00)の2時間でレリーフ(半立体)作品を仕上げる、半日コース・午前組の方たちです。型となる粘土を、1人当たり2kg用意しました。

1日はじまり
こちらは、1日通しコース(10:00~16:00)本気組の皆さんです。本気組は、粘土を1人当たり10kg用意しました。最終的には立体作品になることを目指して、午前と午後に分けて半立体(表側と裏側)を制作します。

手形
午前組の参加者の中には、お子さんの手形をそのまま粘土に刻んでいる作品が見られました。作る人の指や爪の痕、細かな皺まで写し取ることができるのも、この技法の大きな特徴です。

午前注入
出来上がった粘土の型に西尾さんが石膏を注いでいきます。お菓子作りのようなこの工程は、きっと子どもたちも大好きな作業なのですが、石膏が硬化する前に素早く丁寧に行わなければならないので、講師やスタッフが行いました。固まるまで、ちょっとがまん。

午前型抜き
石膏が固まったら粘土の型を外していきます。

午前完成
上の写真は、粘土の型から石膏を取り出した状態です。この後、指の間などの細かい部分に詰まっている粘土や、石膏のバリを取り除きます。さらにもうひと手間かけて、余った粘土を水で溶き、筆で石膏の凹んだところ(影になる部分)に仕上げのシャドウを施して完成です。

1日午後はじまり
一日通しの本気組は午前に片面(表面)を作り終え、午後からは裏面を制作します。上の写真は、午前に出来上がった表面を、午後に型取りする粘土と合わせているところです。同じ大きさで後ろ身が作れるよう調整しています。

1日午後貼り合せ
裏面の陰刻も終えたら、石膏を注入します。土手のふちぎりぎりまで注がずにおいて、石膏をつけたサイザル麻で埋めていきます。

1日午後貼り合せ2
表面+裏面で石膏を合体!固まるまで楽しみに待ちます…

1日完成
そして、立体のうさぎさん完成!!作品も笑顔も素敵です。このうさぎさんはなんと、現在、ご自宅のうさぎゲージに入っているそうです。

RIMG5700
本気組の中には、大人の参加者の方もたくさんお見えになりました。上の写真の方は、アンモナイトのような大きなレリーフを作っていました。これが土に埋まっていたら、きっと本物だと思ってしまうような完成度でした。

午後完成
それでは、半日コース・午後組の作品も少しご紹介します。こちらは、もともとが妖怪の「目玉のおやじ」を陰刻鋳造しました。本物より妖怪らしい雰囲気に仕上がっているように思います。

午後完成2
つづいてこちらは、ムンク『叫び』を思い描いて作ったそうです。作者は小学生の女の子でしたが、モチーフの選択が秀逸です。

午後完成3
シンプルに見える猫さんの顔ですが、ちゃんと目や鼻が出っ張っていて、耳の内側はへこんでいます。陰刻とは思えないほど丁寧に作られていますね。

1日完成2
1日コース・本気組は、大きな立体作品が出来上がりました。上の作品はナマズだそうです~。口やヒレがなんともいえず可愛いです。

1日完成4

大人が作った亀の作品です。私個人的には、いちばん妖怪っぽいオーラを感じました・・・。

1日完成3
こちらも大人の作品です。レリーフで2体の魚を作成されました。深い海の底にはこんな魚がいるんじゃないかと思わせる、とても雰囲気のある作品です。写真で全てをお見せできないのが残念ですが、陰刻が生み出す力強い文様が、参加者の皆さんの作品にしっかりと刻まれていて、なにやらすごいエネルギーを湛えた妖怪がたくさん誕生しました。

今回のプログラムに参加された方から、「展示中のアーティストが講師だったので、このワークショップにとても興味があった。制作過程を知ることができ、より一層、作品の魅力が増しました」という声をいただきました。西尾さんの作品を見て、同じ技法で自分でも作ってみて、さらにまたもう一度、西尾さんの作品の前に立って…いつもの何倍も、作品を感じることができたのではないでしょうか!

★★★お知らせ★★★

『アートのなぞなぞ-高橋コレクション展』は、2月28日をもって会期終了となりました。本展覧会の終了と同時に、静岡県立美術館・本館は6月末まで長期工事休館に入ります(本館休館中もロダン館は開館します)。4月~6月の間、実技室関連の一般来館者向けプログラムは、「ロダン館デッサン会」「ロダン彫刻でデッサンの基礎を学ぶ」のみの開催となります。応募の詳細はホームページ(イベント一覧)からご確認ください。

 

作れちゃう

2/11 ねんど開放日

実技室プログラムのお知らせです。

2月11日に、今年度(平成29年度)最後のねんど開放日を実施しました。
厳しい寒さに関わらず、今回もたくさんの方々に参加いただき、ありがとうございました。
全体的に大きな作品が登場し、各回1トン近いねんどを使用しました。
どのような作品ができあがったか、当日の様子をご紹介した後に、皆さんに1つお知らせがあります。

 

こちらは首の長い、あの動物。家族みんなで協力して制作されていました。
何人かで協力し合えば、背丈ほどの大きな作品や、乗れちゃう作品も作れますね。

RIMG5540

この日はゾウさんがあちらこちらで登場しました。
ゾウはゾウでも、それぞれ工夫が凝らされています。

RIMG5580

RIMG5531

RIMG5597

 

他にもいろいろな動物や乗り物が並びました。

RIMG5588

 

RIMG5533

RIMG5568

 

美術館のスタッフも一緒に作りました。

こちらはクワガタの戦いです。

RIMG5564

 

 他には、あざらしやイッカク(鯨類だそうです)などが登場しました。

RIMG5584

RIMG5596

 

 

 

 冒頭でお伝えした通り、今回が平成29年度の最後のねんど開放日となりましたが、

さらにもう一つ、今回で最後を迎えました。

rimg2759

 

ねんど開放日に参加経験のある方は、きっとこのゾウに見覚えがあるのではないでしょうか?
毎回、いつの間にか登場しているこのゾウ。
大人でも乗れちゃうので、ちょっとした記念撮影スポットにもなります。

RIMG5582

(ボランティア歴20年の朝倉さん)

 

このゾウを作っているのが、ねんど開放日のインストラクターで美術作家の、内海健夫さんです。
内海さんは静岡を拠点として活動されている作家さんです。

RIMG5557

 
ねんど開放日では、最初に道具の使い方とお約束をインストラクターから説明していきます。こちらは切り糸という道具を使って、さまざまな形を切りだしている様子。あっという間にキレイなハートのできあがり!毎回歓声の上がる場面です。

RIMG5559
 

内海さんと、粘土開放日に一緒に遊んだ思い出のある方もきっといると思いますが、内海さんは参加者と一緒に遊びつつ、驚異的な速さでゾウを作ってくれます。

毎回登場するゾウを楽しみしているとアンケートに書いてくださった方もこれまでにたくさんいらっしゃいましたが…実は、今回が内海さんのインストラクター最終回になりました。

RIMG5522

 

以下、内海さんより皆さんにメッセージです。

 

ねんど開放日、進行役の内海です。

10年間この進行役を行ってきましたが、今日が最後となります。

今日が初めてのご家族のみなさん、そして毎回遊びに来てくれた家族のみなさん、

いままで本当にありがとうございました。

内海さんのゾウを見れなくなるのは寂しいな…と思いながら、昔の当館のブログ記事を読み返していたら、こんな記事がでてきました。

 

2011年11月20日(日)粘土開放日☆

 

こちらから、ゾウの作り方をご覧いただけます。

この作り方をマスターすれば、他の動物もきっと作れます。

皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

内海さん、長い間ありがとうございました!

RIMG5603

 

またどこかで作品を拝見するのを楽しみにしています。

 

次回のねんど開放日は、本館休館明けの7月頃を予定しています。

スタッフ一同、皆さんのご参加をお待ちしています!

 

 

 

作れちゃう

12/23・24「X’マスだよ!パープルーム予備校の体験入学会」

実技室プログラムのお知らせです。
12月23日・24日の2日間にわたって「X’マスだよ!パープルーム予備校の体験入学会」が開催されました。

RIMG5125

 

今回のワークショップでは、現在開催中の企画展「アートのなぞなぞ―高橋コレクション展」の関連イベントとして、出展作家の梅津庸一さんを講師に、同氏が創設したパープルーム予備校の生徒、あんどーさん、智輝さんを助手にお招きしました。広報の時点から、お問合せをいただくことが多かったのですが、チラシには梅津さんによるワークショップの概要として、このような文章を掲載しました。

「絵画、お絵描き、スケッチ、ドローイング、落書き、、、『絵を描く』と言ってもいろいろな水準で区切られているのが現状です。果たして、わたしたちが生み出す「絵」とはいったいなにを指すのでしょうか。そして「絵」とは画材で描かれたものだけなのでしょうか?実際にいろいろな絵を描きながらその辺のことについて考えてみませんか?さあ、あなたもパープルーム予備校生になって一緒に絵を描きましょう!(梅津庸一)」

そもそも「予備校」とは?ですが、これは美術大学進学を目指して受験生が通う、美術予備校を指しています。一般的に美術大学の入試には、学科試験だけでなく実技試験もあります。美術予備校は、主にこの実技試験対策をサポートしてくれる学校です。しかし、「パープルーム予備校」は、美術系の私塾としていながらも、美大進学を目標としていません。アーティストを目指す者が集まる共同体として、美術運動を兼ねた活動をしています。今回のワークショップは、パープルーム予備校生として1日体験入学をし、一緒に絵を描くものでした。

参加者は、普段から作品制作をしている方や、美術系の学校を卒業されている方、美術系に進学を考えている学生など、美術に普段から親しみのある方々が多かったようです。今回はほとんどの参加者が「パープルーム」を予習していない状態で参加されていたようでしたが、終了後にしばらく経ってからも参加者の方々に感想をいただくほど、皆さんにとって刺激になったようです。スタッフも、今日まで余韻が残っています。一体どのような内容になったのでしょうか?2日間の様子を合わせてご覧いただきたいと思います。

RIMG5143

会場内はポスターやフラッグなど、梅津さんと予備校生による飾り付けがされています。クリスマスということで、会場の中央にはツリーを設置して、音楽(梅津さんのお好きなSHAZNA)も流して、賑やかな雰囲気になりました。

冒頭では、梅津さんの美術館のワークショップや美術教育への思いや疑問についてのお話から始まりました。「今日のワークショップでは、絵を描く難しさを共有できれば、このワークショップは成功したことになる」とのお言葉に、この時点では「絵を描く難しさとは一体…?」とはっきりと浮かびませんが、皆で同じものを作るようなワークショップにはならない、ということが伝わってきます。そして、パープルーム予備校に至る経緯、現代における絵画の位置付けのお話しがあり、絵を描く準備にとりかかりました。

 

RIMG5167

 

 

画材もテーマも指定はありません。「さて、一体何を描いたら良いのだろうか…」と戸惑いながら、とりあえず、筆を走らせます。

RIMG5166

 

 

こちらは、予備校生のあんどーさんです。予備校生の方々も、参加者と一緒に絵を描きます。2日目には、もう一人予備校生のちはるさんが加わりました。

RIMG5187

 

最初は戸惑いながら描き出しましたが、制作は想像以上に早く進みました。ここで梅津さんより、「ただ手を動かして描くのでは図工になってしまうので、知性を使って描きましょう」と声がかかり、参加者に「これは単なる絵を描くワークショップではないのだ…」という認識が広がります。続けて、梅津さんの「自己模倣に陥らないために、他の参加者の作品を見てはどうか?」との提案に、他の人がどのような作品を作っているか見てまわりながら、参加者同士で今の気持ちを共有しているようでした。

RIMG5192

 

RIMG5320

 

 

RIMG5333

 

RIMG5328

 

 

梅津さんは、時々室内を巡回して、参加者に助言していきます。通じる箇所がある作品や作家を挙げたりするシーンも多々ありました。無意識に影響を受けていたり、偶然似通った場合にしても、自分と似た方向性を持っている人を知ることは、進め方の参考になります。しばしば厳しいコメントもされますが、ここは「体験入学」、愛の鞭です。会場内の緊張感が時間を追うごとに増し、「絵を描く難しさ」を実感していきます。

RIMG5178

 

助手として参加をしているパープルーム予備校生にも、同じように助言していきます。時には画集を手に、こうしてみたらと具体的なアドバイスをされていて、手厚い指導を個人的に羨ましく思いました。

RIMG5221

 

途中で鑑賞教育の研究をされている参加者の方と、美術作品の鑑賞方法について議論が交わされるシーンもありました。

RIMG5203

 

お昼をはさみ、苦戦しながら制作をつづけ、どうにか形が見えてきたところで、15時頃より、ツアー形式で作品の鑑賞会を行いました。基本的に、作品について作者が説明したあとで、梅津さんを中心にパープルームの方々がコメントしていくというスタイルですが、時折参加者やスタッフまでも巻き込んで会が進行しました。

RIMG5225

 

出来上がった作品は、普段から描いている絵の続きや、「アートのなぞなぞ展」から着想したもの、画材の実験、日常生活を切り取ったものなど、各々違った方法で進められていました。普段から制作されている方は、いつもと違った趣向になったようです。

RIMG5244

 

写真で見ると、和やかな雰囲気ですが、梅津さんが率直に作品の問題点を追及していき、会場内の緊張感はクライマックスを迎えました。単に絵を描くだけでは、絵が成立しないということを改めて実感します。ただ、参加者の方々に後日お話をうかがったところ、この時に梅津さんに率直に意見を言っていただけて、スッキリした方が多かったようです。1日目は特に参加人数が多かったため、2時間近い鑑賞会となりました。(個々の作品の講評の詳細はパープルームのTogetterまとめをご覧ください。)

RIMG5255

 

続いて、予備校生あんどーさん作のパープルームの日常を描いたアニメーションを鑑賞しました。

RIMG5263

 

最後に、梅津さんが「このワークショップに来て良かったと思っている人はいないと思う」と仰っていました。実は数名の参加者が、途中で帰宅されました。(憤ったご様子ではなく、どちらかというと困惑されたようでした)今回のワークショップでは、きっと全員が作品を生む難しさや、苦しさに直面したはずです。さらに、今まで信じていたことが揺さぶられたり、見ないようにしていた事に直面したりするようなショックを受けたと推察します。

 

参加者の方々は、どのように受け取ったのでしょうか?終了直後のアンケートのコメントを掲載します。(原文ママ)

・美術作品の見方は、むずかしい。と改めて感じました。自己満足でなく、客観的に見てみないとダメですね。
・苦しい時間をありがとうございました。
・分かりやすい部分もありつつ、全くつかめない所もありました。ストレスがたまったけど、決して悪いストレスだけではなかった気がします。
・ぶつかり合いは必要だし勉強しなければならないと警鐘を鳴らされたように感じました。
・難しい内容だった。画力の無い自分にとって「何でも良い!」これが一番つらい事でした。それでも楽しませていただきました。
・結構疲れました。絵を描きにきただけだったのにーという感じの不意打ちをくらった感じです。とても刺激的でした。
・賢くなりたいなあと思いました!梅津さんがニコニコといろんな人につっ込んでいくところが面白かったです。
・いつもの自分の作品作りの姿勢について考え直すきっかけとなるようなお話をいただき、とても刺激になりました。ありがとうございました。
・現役の作家さんから美術や制作への考え方を直接聞くことができる、とてもぜいたくな予備校だと思いました。今日のことを自分なりに解釈し、今後の研究に生かしていこうと決意を改めた次第です。大変刺激になりました。ありがとうございました。
・たくさん話が伺えて楽しかったです。現代アートには興味あるけど、言語化できる作家が少ないので、具体的なことばにうれしい思い出が出来ました。感謝です。
・さすがでした。すべて肯定とは言えませんでしたが、論理的でした。
・割と自分勝手な判断の行動があり申し訳ありませんでした。プロアーティストとしてもっと質の完成度共に、高めていきたいです。今日は自分が何を視点として制作すべきか、少しだけ確認できました。

 

後日、「純粋にアートについて考えられる良い時間だった」「芸術家になる難しさを感じた」という感想を寄せてくださる方もいらっしゃいました。今回参加していただいたことで、自分にとっての「絵を描くこと」「美術」または「作家」について、深く考える機会になったのではないでしょうか。参加者の方々の目的は多様ですが、今回の内容と参加者の方々の反応を受けて、スタッフも今後のプログラムについて、改めて考える機会となりました。

作れちゃう

12/9-10 創作週間SP「木版画でポストカードをつくろう!」

実技室プログラムのお知らせです。

12月9日(土)と10日(日)に創作週間スペシャル「木版画でポストカードをつくろう!」が開催されました。

皆さんは木版画というと、どんな絵を思い浮かべますか?多くの方々は、小学校で経験したような白黒でざっくりとした印象の作品や、浮世絵を思い浮かべるのではないでしょうか。現代の木版画は、技法と表現が多様化しており、一見すると銅版画のように見える作品すらあります。今回の講座でも、それぞれの方向性に合わせて先生に助言を頂きながら、思い思いの作品が出来上がりました。作品と共に、当日の様子を見てみましょう。

【1日目】

今回の先生は、当館実技室のインストラクターを務めていただいている、木版画家の藤田泉先生です。

RIMG5043

 

まずは、木版画についてのお話です。伝統的な木版画から創作版画、そして現代版画について、代表的な作品を挙げながらお話いただきました。そのあとに、事前に持ってきていただくことになっていた下絵を確認し、色合いや形などを決定します。版木は1人2枚お配りし、裏表使えるので、4版作ることができます。基本的に、色ごとに版木を変えるため、下絵の時点で色数を決定することが重要です。

次に、版木に下絵を転写します。その前に、まずはトレーシングペーパーに書き写します。

RIMG5034

 

判子と同じ理由で絵柄が鏡文字になるので、トレーシングペーパーに描いた面を裏返して、版木に転写していきます。

こちらの版が、版木に転写した後です。見づらいですが、このように鏡文字になります。(MERRY CHRISTMASと書いてあります)

 

RIMG50390

 

次は、いよいよ彫刻刀で彫ります。軽やかに彫り進める先生を見ていると、簡単に彫れそうに思えてしまいますが、刃の角度や力のかけ具合を自分で意識的に調節しないと、なかなか思い通りになりません。参加者の皆さんには、基本4種類の彫刻刀をお使いいただきましたが、各彫刻刀の特長を2日間で完全に習得するのは困難です。とにかく、絵柄通りに彫れるように、施行錯誤しながら彫りを進めました。先生の作品と版をお持ちいただいたので、指で触って、彫り具合などを参考にさせていただきました。

RIMG5052

 

細かい絵柄を彫っている時に、注意を払っていても刃が滑って、欠けさせてしまうことがあります。一度彫ったら元に戻せないので、ショックを受けます…が、なんと、修復することができます!大変細かい作業になりますが、このやり方を覚えておくと、万が一の時に安心です。

RIMG5051

 

1日目は各自黙々と彫り進めて、あっという間に終了しました。彫り終わるか心配な方はお持ち帰りして、家で進めていただきました。

 

【2日目】

摺りの工程です。単に摺るだけ…と思われがちですが、かつて、「彫師」と「摺師」が分業していたほど、彫りと共に奥が深い工程です。今回は最終的にはがきに摺るのですが、まずは試摺として、画用紙に摺っていただきました。

 

RIMG5060

 

この画像のように、摺る際には様々な種類の道具を使用します。「ばれん」は使用された経験がある方もいらっしゃると思いますが、「はこび」など見慣れない道具も登場しました。先生にそれぞれの道具の説明をしながら、実演していただきました。まず、水で溶いたヤマト糊(でんぷん糊)を「はこび」を使って、版木にのせます。つぎに、絵の具をはこびで取り、刷毛にのせます。その刷毛を、色をつけたい部分にすりこみます。

RIMG5069

 

 

そして「ばれん」で摺ります。

RIMG5070

 

すると、このように摺り上がります。

RIMG5071

 

この工程を、版の枚数分繰り返して行います。下絵通りに形が出て、参加者の方々も笑顔になった場面でした。試し摺りなので、表したい部分がちゃんと出ているか確認したり、ばれんのつかい方(摺り方)を練習したりします。思い通りに摺るのは難しいのですが、摺り方を少し変えただけで、作品の表情が変化するところが、版画の醍醐味とも言えます。ある程度試し摺りしたら、本番の紙を使って摺ります。こうして、午後の時間を摺りの作業に費やしました。

RIMG5087

 

 

RIMG5094

 

さて、こちらは試し摺りの段階でしたが、こんなに素敵な作品が出来上がりました!

 

RIMG5096

年賀状やクリスマスカードはもちろん、季節問わず使えるポストカードをつくった方もいらっしゃいました。年賀状は、直接はがきに摺るだけでなく、パソコンに取り込んで、プリンターで出力する方法もあります。パソコンで編集すると、年賀状だけでなく、オリジナルのカレンダーなどへの展開を楽しむことができます。プリンターで出力しても、作品の線や面には、機械で表現できない独特な温かみがあります。

今回の講座では、専門的な道具をお使いいただきましたが、家でも引き続き摺っていただけるように、各道具の代替品として、ご家庭の日用品を使った場合もご紹介しました。みなさん、既に版は仕上がっていますので、これからご自身で制作活動をお楽しみいただければ嬉しく思います。もちろん実技室(アトリエ)を開放している創作週間でも、制作を続けていただけます。

「創作週間」では、静岡県立美術館の実技室(アトリエ)を開放しています。
実技室にある道具を使用し、先生にアドバイスをいただきながら作品制作ができます。初心者の方は、木版画インストラクターの藤田先生の在室日にお越しください。インストラクター在室日については、こちらからご覧いただけます。創作週間中は、随時見学していただけます。興味はあるけどちょっと…という方、まずは一度お気軽に越しください。